ITテクノロジスト人材は「米国より欧州のほうが豊富」:調査結果

01-810-ad6d6567aba0731225da09f72c989ab06dd47f9b

IT技術者の数は米国全体よりもヨーロッパの方が多いという調査結果が発表された。ロンドンやフランスなどの主要都市を中心に、あらゆる業界でIT技術者を求める動きが高まっている。

TEXT BY VICTORIA WOOLLASTON
TRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

WIRED (UK)

01 810

IT技術者にとって英国は、ヨーロッパ外から来る場合でも、ヨーロッパ内部から来る場合でも、ともに最も人気のある移動先だ。IMAGE COURTESY OF SLUSH/ATOMICO

LinkedInやMeetupのデータを調査した結果、IT技術者は現在、米国全体(410万人)よりもヨーロッパ(470万人)に多くいることがわかった。

調査結果からわかることは、ヨーロッパの自動車、保険、金融、メディア、電気通信といった業界も技術的な専門知識を築こうとしており、優秀な技術者を雇用しようとしていることです」と、投資会社Atomicoのパートナーで人材部門の責任者でもあるダン・ハインズは『WIRED』UK版に語る。「これは、ヨーロッパの、健全で競争力のあるエコシステムを示しています。これほどの規模は、シリコンヴァレーを除けばありません」

ヨーロッパ全体を見てみると、IT技術者たちが住む中心となっている都市は、ロンドン、パリ、ベルリン、マドリード、アムステルダムだ。ロンドンに住む開発者人口は現在、ニューヨークよりも多い。ロンドン、パリ、ベルリンで活躍するIT技術者の総人口は、シリコンヴァレーとベイエリアのIT技術者を合わせた数を上回っている。

ヨーロッパでIT技術職に就く人の多くは、ヨーロッパ大陸の外から移住してくるか、複数の国を行き来している。ヨーロッパに移り住もうとした「技術移住者」の4分の1は英国へと向かう。これに、ドイツ(12パーセント)、フランス(9パーセント)、スペイン(7パーセント)が続く。英国は、ヨーロッパ内からの移住者の目的地としても最も人気のある国である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る