『Rez Infinite』の「Area X」は、最高にトリップできる

AreaX_03-1024x576-f129b1f689cc99f5b4f0c4c1d8de107221166ba6

2016年に発売となった「PlayStation VR」のキラーコンテンツとしてリリースされた『Rez Infinite』。ゲーム内の新ステージである「Area X」は、評判通りに「ゴージャス」かつ「トリッピー」だった。

TEXT BY CHRIS KOHLER

WIRED(US)

AreaX_03

IMAGE COURTESY OF ENHANCE GAMES

15年の時を経て、ようやく『Rez』の続編が登場した。しかもVRで。

Rez Infinite』は水口哲也による“カルトクラシック”の高解像度リマスターヴァージョンで、プレイステーションVR(PlayStation VR、以下PSVR)向けタイトルだ。

もっとも、心配はいらない。このゲームはVR以外でもプレイできるからだ。しかし、『Rez』はぜひともVRでプレイしてほしい、お願いだから──。

2001年にセガからリリースされた『Rez』は、光と音のシューティングショーだ。カーソルで敵を「ペイント」して連続射撃をし、それがそのままトランスサウンドのビートを生む。アクションは楽譜となり、沈黙からシンフォニーまでをつくり出す。ゲームそのものは短いが、その魅力ゆえに人々は15年経ったいまも愛して止まないのだ。

なにしろ『Rez』が大好きだった筆者は、興奮しながら「Area X」(01年のオリジナルがもっていた大事な要素を再現したステージだ)をプレイした。そのゲームプレイには、まさに『Rez』の美学が反映されている。ゲームのなかで、あなたはレール上にいるかのように、トンネル状のエリアをスピードを上げ通り抜けていくのだが、Area Xでは美しい3Dの宇宙を自由に浮かぶことができる。

つまりはこういうことだ:『Rez』以上。やったね。

「Area X」は『Rez Infinite』においてある一定の条件を満たすと出現するアナザーステージ。

「あなたは自由です」と、立ち上げた新会社のEnhance Gamesから『Rez Infinite』をリリースする水口は言う。彼が期待するのは、初めてのプレイヤーにとってゲームステージでの時間が、探索する必要性を感じて行う行為ではなく、冒険になることだ。「ぼくらはたくさんのテストを行いました」と、コントロールスキームについて水口は語る。「VR酔いを懸念していたのです。『Rez Infinite』は“心地よいゲーム”でなくてはなりませんから」

筆者自身はVRで乗り物酔いを感じないタイプのようなので判断を下すのに適任ではないが、「Area X」はとても気持ちよかった。すぐに体験にのめり込み、ローリスクの設定(死んでもすぐに復活できる)で敵を撃ち、振動を楽しんだ。ゲーム世界と敵はともにばかデカく、すでに面白いRez体験に、さらに深くのめり込める。『Rez Infinite』は我が家に、それもずっといい我が家に帰ってきたような感じにさせてくれる。

デモの終わりにあるのは、巨大な美しい女性の姿をしたボスとの戦いだが、これが息を呑む美しさだ。『Rez』で示された隠喩はここにも続いている。「オリジナルの『Rez』は受胎の話でした」と、水口氏は言う。

説明書に書いてあるプロットでは、ハッカーがコンピューターシステムの中を旅しながらウイルスを退治していくとなっているが、このストーリーは受胎のメタファーだ。プレイヤーは卵子に向かって進む精子を象徴しているのだ。

「わたしたちは皆、覚えてはいなくともその旅路を通ったのです」と、水口は言う。「そして、『Area X』は受胎後の出産までの旅路です。人間の命の誕生なのです」

最後のボスとなるのは、母、である。しかし、水口は「シンギュラリティ」だとも言う。

もしあなたが『Rez』のファンで、しかしPSVRのために500ドルを払う気になれなかったとしても、心配はいらない。「PlayStation 4 Pro」の4K対応にも対応しているからだ。

『Rez』は15年前、美しかった。そして、いまも美しい。VRにもぴったりだ。もしもこの2001年のリマスターゲームがPSVRのもっとも期待されたタイトルだというのに異議を唱えるのなら、それはきっと、あなたがまだRezをプレイしたことがないからだ。

※ 2016年12月にロサンゼルスにて受賞作品が発表された、世界最大規模のゲームワーアワード「The Game Awards 2016」。『Rez Infinite』は、優れたVRゲームに贈られる「Best VR Game」を受賞している(以下の動画はアワードの様子を収めたアーカイヴ)。

※ 16年12月に発表となったWIRED主催によるクリエイティヴアワード「Creative Hack Award 2016」では、審査員のひとりとして審査に参加。受賞作についてのコメントを、同アワードサイトに寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る