ナチから法律を取り戻した検事の「勇気」──映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』

friz-dcbe9ccd3fc22d60478051994e739dd69db79dd2

ナチス重要戦犯、アドルフ・アイヒマン拘束の裏側を、実話をもとに描いた映画『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』が現在公開中だ。その主人公、フリッツ・バウアーは、戦後ドイツで経済復興が優先され、戦前の記憶が風化しつつあるなか、法律家としてナチス時代の罪と孤高の闘いを続けた男だった。

TEXT BY WIRED.jp_A

friz

アドルフ・アイヒマン捕獲の影の功労者、フリッツ・バウアー。ナチスの犯罪をドイツの法廷で裁くことを目指して奔走したこの実在の人物を、『白いリボン』、『ヒトラー暗殺、13分の誤算』などで知られるドイツの俳優、ブルクハルト・クラウスナーが演じた。
© 2015 zero one film / TERZ Film

1950年代、ドイツ。戦後の経済復興にむけて歩みを進めるこの国に、ナチスによる戦争犯罪を追及するべく奮闘する男がいた。ヘッセン州の検事長、フリッツ・バウアー。数百万のユダヤ人を虐殺したホロコーストの責任者、アドルフ・アイヒマンを追いつめ、のちにはナチの残虐行為の細部を広く世界に知らしめることとなったフランクフルト・アウシュヴィッツ裁判を起こした人物である。

映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』は、アイヒマン捕獲作戦の知られざる裏側を、実話をもとに描いた作品だ。アイヒマンがアルゼンチンにいるという情報を手に入れたバウアー。なんとしてもアイヒマンをとらえその罪を裁きたかった彼は、機密情報漏えいによって国家反逆罪に問われかねないという危険を冒して、イスラエルの諜報機関・モサドと連携し、アイヒマンを追い詰めていく。

映画の舞台は1950年代ドイツ。戦後といえども、この国にはナチ支持者もまだ多く潜んでおり、ナチスの残党が政界や財界の要職に就いていることも多かった。ナチス時代の犯罪の追及に燃えるバウアーの存在は、ナチス残党にとっては目障りでしかなく、彼らはあの手この手でバウアーを妨害する。

加えて、当時のドイツは戦後復興期の真っ只中。わき目もふらず経済復興を進めるこの国の人々は、自国の過去を振り返ることに積極的ではなかった。バウアー自身が戦時中に逃亡を強いられたユダヤ系ドイツ人であったために、彼のことを「復讐心に燃えているだけ」と揶揄する人もいた。

「戦前のことは戦前のこと」と割り切り、ナチス時代の罪を振り返ることのない国民が多いなか、自国の過ちに目を向けさせるバウアーの行動は歓迎されるものではなく、彼は孤独な闘いを強いられる。それでも彼がナチスの罪を裁くことに固執した理由。それは映画冒頭に流れる、生前に撮影されたフリッツ・バウアー本人の映像が語っている。

ドイツの誇りは奇跡的な経済復興と、
ゲーテやベートーベンを生んだ国であるということだ。
一方でドイツはヒトラーやアイヒマンや
そのお仲間を生んだ国でもある。
どんな日でも昼と夜があるように、
どの民族の歴史にも陽の部分と陰の部分がある。
わたしは信じる。ドイツの若い世代なら可能なはずだ。
過去の歴史と真実を知っても克服できる。
しかし、それは彼らの親世代には難しいことなのだ。
──映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』冒頭より

戦争を忘れつつある人々、そして戦争を知らない若者たちに、自国の罪を知る勇気をもってもらうこと。彼の孤独な闘いは、劇中、サスペンスタッチで、ときにユーモラスに描かれる。

そうしたバウアーの姿勢は、まさに法律家としてのものであると話すのは、ドイツ文化センターで映画公開に先駆けて行われたトークイヴェントに登壇した立命館大学教授の本田稔。2017年2月に邦訳が発売されるバウアーの伝記『フリッツ・バウアー アイヒマンを追いつめた検事総長』〈アルファベータブックス〉の翻訳を手がけた法律学者である。

「ナチは、ドイツとヨーロッパを支配するためにさまざまな方法を用いましたが、なかでも重視されたのが法律でした。法律は、ドイツが法治国家であることを諸外国に印象づけ、不法な支配を覆い隠すのに有効な方法であり、また一般の司法官僚を帝政からワイマール共和国の時代の官僚を支配のメカニズムに組み込むのに効果的な役割を果たしました」

残虐なホロコーストも、ナチスが定めた法の下では合法。戦前は合法だったナチスの行為を、戦後の法がもつ価値観に基づいて否定することができるのかという難題に、戦後の法律家たちは頭を抱えた。そして、悩む彼らにあるひとつの指針を与えたのが、法哲学者のグスタフ・ラートブルフだったと、本田は言う。

本田によると、ラートブルフは、1946年に発表した論文に以下のような内容を記したという。「人間の自由を侵害するためだけの法律、人間のあいだに優劣を設け、平等を害するような法律は、法律のかたちをしているが不法である。われわれはこの不法を見抜くために、『法律を超える法』を模索しなければならない。ナチの過去を、不法であると断罪できるのは、この『法律を超える法』だけである」

フリッツ・バウアーもまた、この思想に基づきナチス時代の罪を戦後ドイツの法の下で裁こうとしたのだという。「共産主義者を弾圧するために、ユダヤ人やポーランド人を殲滅するために、そしてホロコーストと戦争をヨーロッパ全域に拡大するために、ナチは法制度を利用しました。バウアーは、それを民主的に再生するために、法と司法によってナチを追及するために闘いました。戦後西ドイツの司法省のなかに残留していた旧ナチの妨害を受けながらも、それを打ち破るための努力を続けました」(本田教授)

ちなみにこの映画の英題は、『The People vs. Fritz Bauer』。バウアーが闘っていた相手は、アイヒマンやナチスの残党だけでなく、ナチス時代を振り返ろうとしない当時の国民全員だったのだ。

監督:ラース・クラウメ脚本:オリヴィエ・グエズ出演:ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク、イェルク・シュットアウフ、セバスチャン・ブロムベルク配給:クロックワークス/アルバトロス・フィルム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る