リアル世界の「画像検索」、Pinterestの新機能「Lens」が公開

01-810-ca22bb627bc857b22a22cbb74b873b65f5645a02

ピンタレストは、機械学習を使うことでユーザーが撮影した写真に関連したアイテムを表示し、購入可能にする機能など、3つの新しいレコメンド機能を公開した。Eコマースサーヴィスとしての魅力をさらに高めるのが狙いのようだ。

TEXT BY LIAT CLARK
TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

WIRED (UK)

ピンタレストは2月7日(米国時間)、グーグルの画像検索に似た機能を公開した。ユーザーがアプリを使って撮影した写真を機械学習で解析し、表示されているもの(家具、衣服、食べ物など)を認識して、関連する画像を表示するものだ。

たとえば、家具や食器を撮影すると、ただデザインの似たものが表示されるだけでなく、被写体に関連したさまざまなデザインのアイテムが提案される。食べ物を撮影すると、それを使ったレシピも表示される。

「Lens」と呼ばれるこの機能は現在ベータ版で、iOSとAndroid向けに米国のみで提供されている。ピンタレストによれば、彼らはこのテクノロジーを使ってすでに10億以上のアイテムを画像認識しており、Lensが学習に利用できるピンの数はサイト上に1,000億あるという。

01 810

たとえば時計の写真を撮ったときは、「壁かけ時計」「アナログ時計」「ローマ数字」などのタグに従って関連画像が表示される。IMAGE COURTESY OF COURTESY OF PINTEREST

さらに、ピンタレストは「Shop the Look」という新しいツールも米国で公開。ピンタレストCEOのベン・シルバーマンと共同創業者エヴァン・シャープがサンフランシスコで発表したこのツールは、ショッピングのためのものだ。ピンされた製品の写真に表示される青いサークルをタップすると、その製品に似たアイテムが提案され、Pinterestやブランドサイト経由で購入できる。

また、購入可能なアイテムを表示すると、そのアイテムをどのように使えるのか、ほかの人がどのように着こなしているのかといったこともわかる。この機能はいわば、Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」や「よく一緒に購入されている商品」といったレコメンド機能の画像版だ。ピンタレストが行ったテストでは、Shop the Lookの導入によって、ユーザーがほしいアイテムをピンする数は、以前に比べて5倍多くなったという。

さらに、「Instant Ideas」という新機能は世界各国で導入されている。ユーザーのフィードに表示される画像の右下隅にある白いサークルをクリックすると、そのピンに関連した画像が表示されるというものだ。

ピンタレストは、2015年2月に「購入ボタン」を導入したのを皮切りに、ユーザーにアイテムを買ってもらうための戦略を進めている。シルバーマンが語ったところによれば、同社の16年の売り上げは15年の3倍となる3億ドル(約340億円)に達する見込みだ。ピンタレストは16年8月にブックマークサーヴィスのInstapaperを買収しており、その成果が出始めているといえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
ページ上部へ戻る