開設地でモメていたジョージ・ルーカス博物館、ロサンゼルスに決定(たぶん)

LMNA-LA-TA2-a998b366ba5111293e8d435d111bc05c8b1d9c70

建設地をめぐって5年以上もの間、二転三転してきたジョージ・ルーカス博物館。その建設予定地がようやくロサンジェルスに落ち着いたようだ。緑地に溶け込むような未来的な建物のコンセプトを紹介。

TEXT BY SAM LUBELL
TRANSLATION BY HIROKI SAKAMOTO/GALILEO

WIRED (US)

LMNA-LA-TA2

IMAGES COURTESY OF GEORGE LUCAS MUSEUM OF NARRATIVE ART

フォースと共にあるのはロサンゼルスのようだ。建設地をめぐって二転三転してきたジョージ・ルーカス博物館(George Lucas Museum Of Narrative Art)は1月10日(米国時間)、ロサンゼルスにある「エクスポジション・パーク」での開設を決めたと発表した。設計は、中国の建築デザイン事務所MAD Architectsだという。

ロサンゼルス当局に承認されれば、現在の駐車場2カ所からなる敷地6~7エーカー(約2万4,000~2万8,000平方メートル)が緑地化され、その上に、曲がりくねった新たな構造物が浮かぶように建築される。

新しい緑地の上には、現代彫刻のような細長い構造体が橋のようにかかり、建物の屋根は、木々と、階段状になった緑地で覆われる(冒頭の画像)。現在の計画では、内部の広さは約27万5,000平方フィート(2万6,000平方メートル)で、そこには約10万平方フィート(9,300平方メートル)のギャラリーが含まれる。それ以外の施設には、教室やレストラン、会議スペース、そしてもちろん映画館もある。

この施設には、絵画やイラストなど「視覚的なストーリーテリングという芸術にささげられた」美術品が1万点近く収蔵されることになる、とジョージ・ルーカス博物館は説明している。この敷地のすぐ西には、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムと、ロサンゼルス郡立自然史博物館がある。

このプロジェクトは5年以上もの間、ホストする都市を探してきた。ジョージ・ルーカス博物館は2010年はじめ、サンフランシスコにある国定歴史建造物公園「プレシディオ」で、古典建築にインスパイアされたデザインの建物を提案した。ところがこのプロジェクトは地元住民の反対に遭った。プレシディオを管理する「プレシディオ・トラスト」で広報担当ディレクターを務めるティア・ロンバーディからも、「スターウォーズの銀河帝国と、『風と共に去りぬ』と『白雪姫』が合体したような」デザインと冷笑された。結局この計画は、同敷地を争うほかの2つの計画とともに、2014年に立ち消えになった。

その後ジョージ・ルーカス博物館は、シカゴのレイク・ミシガン・ウォーターフロントに話をもちかけた。「シカゴ・ベアーズ」の本拠地である「ソルジャー・フィールド・スタジアム」の隣接地で、宇宙船を模した建物の設計をMAD Architectsに依頼してのことだった。2015年11月にシカゴ市議会の承認も得た[日本語版記事]のだが、この計画も、シカゴの非営利団体「Friends of the Parks」が起こした訴訟などによって頓挫した(ソルジャー・フィールド・スタジアムの駐車場に建設する点などが問題になった)。

そしてこのほど、ロサンゼルスのスキームが、再度となるサンフランシスコのそれを打ち負かす結果になった。同じくMAD Architectsのデザインによるサンフランシスコの計画案では、博物館は同市のトレジャーアイランドに建設されることになっていた。

ロサンゼルス市長のエリック・ガルセッティは『ロサンジェルス・タイムズ』紙に、「世界の創造の中心地であるロサンジェルスの中心街にこの博物館ができるのは自然な流れです」と語っている。「ロサンジェルスにとって、今日は記念すべき日です」

億万長者たちもここのところ、同市のアートシーンに積極的な姿勢を示してきた。実業家で美術品収集家のイーライ・ブロードは、2015年にロサンゼルスのダウンタウンで現代美術館「THE BROAD」をオープンした。設計は「Diller Scofidio + Renfro」だ。また、アパレルブランド「GUESS」の創業者であるポールとモーリスのマルシアーノ兄弟も現在、ロサンゼルスのウィルシャーブールヴァードにあるフリーメイソン寺院「Scottish Rite Masonic Temple」だった建物を使って、wHYのデザインによる現代美術館を建設している。

MAD Architectsによるロサンゼルスのジョージ・ルーカス博物館のデザインが、シカゴの設計案と似ていることは明らかだ。だがレンダリング画像を見ると、そのデザインはより積極的に周囲の環境に溶け込んでいることがわかる。実現すれば、アスファルトが支配していたエリアに望ましい変化をもたらすだろう。

広報担当のデヴィッド・ペリーによると、ジョージ・ルーカス博物館は2017年から工事にとりかかり、2021年までに建物を完成させる予定だという。とは言うものの、市の承認を得て、地元住民の反対を押し切るまでは、この計画は確定事項とは言えない。何しろ、シカゴがジョージ・ルーカス博物館を受け入れると言っていたのはつい最近のことなのだ。フォースに敏感なLAっ子たちも、再考したくなるかもしれない。

LMNA-LA-022-1024x532

LMNA-LA-022-1024x532

IMAGES COURTESY OF GEORGE LUCAS MUSEUM OF NARRATIVE ART

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る