宇宙船「SKYJET」に映る未来:MATトーク「TOKYO LIGHT ODYSSEY : future by Lexus」レポート

IMG_5288-1024x683-e7348aeb33b0f14157712354098220ed5176f92d

3月12日まで開催中の「Media Ambition Tokyo」のインスタレーション『TOKYO LIGHT ODYSSEY : future by LEXUS』は、どんな流れで、どんな想いを込めて作られたものなのか。去る2月16日、制作を担当したWOWとレクサスによるトークセッションが行われた。

TEXT BY AYUMI YAGI

TOKYO LIGHT ODYSSEY : future by Lexus PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

「MEDIA AMBITION TOKYO」は、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装する“リアルショーケース”。六本木を中心に、渋谷や原宿、銀座、飯田橋からお台場まで、東京都内各所を舞台に最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンス、トークショー等が集結する。会期は、2017/2/11(土)~3/12(日)。詳細はmediaambitiontokyo.jpにて。

東京を眼下に見下ろす、六本木ヒルズ52階の展望台。Media Ambition Tokyo(メディア・アンビション・トウキョウ、以下MAT)の会場に入ってすぐの大きな半球ドームには、モーショングラフィックスによる鮮やかな東京の姿が描かれている。

そして、その映像の対向に鎮座する宇宙船のような乗り物のフロントには「L」のマークが輝く。2/16日に開催されたトークセッションは、まさにその会場にて、レクサスと映像の制作を担ったヴィジュアルデザインスタジオのWOW、それぞれの声を披露してもらうべく行われた。

WOWからは於保浩介と工藤薫、レクサス インターナショナルからは澤良宏の3名が、壇上に上がった。

「SKYJET」PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

「SKYJET」PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

 『TOKYO LIGHT ODYSSEY:future by LEXUS』では、グラフィックが投影された半球ドームのなかに、宇宙船「SKYJET」が設置されている。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

「SKYJET」に乗り込んで映像の世界に潜り込む

工藤 薫(以下、工藤) この作品は東京の象徴的な夜のシーンを投影した全天球型のモーショングラフィック作品ということで、WOWのクリエイター6名ほどでつくった作品です。

作品をつくった経緯として、社内で「次、何をつくろうか?」ということを話し合ったんですが、そのとき、いちばんホットな話題はヘッドマウントディスプレイをつかった映像作品制作でした。

最終的に、全天球型のモーショングラフィックスをつくるということになりましたが、その前にWOW社内全体でアイデアを募ったのですが、100を超えるアイデアが寄せられて。そこから絞り込み、このテーマで進めていこうとなったわけです。

工藤薫(WOW)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

工藤薫(WOW)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

工藤薫(WOW)。今年で5年目を迎えるMATとWOWの付き合いは長く、今回で4度目になるという。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

工藤 『TOKYO LIGHT ODYSSEY:future by LEXUS』は視点が固定されていて、奥に進んでいくという体験ですが、これは試作を重ねた結果の決断です。自分たちが全天球型の映像をつくりたいと言ったにもかかわらず、実際に試してみると、どこを見ればいいのかわからない映像ってすごくストレスで。つまり、自由すぎると全然落ち着かないということがわかったのです。そこで、もっとシンプルに体験できるかたちがいいよねと、現在の演出になりました。ただ、まっすぐ進んでいくという映像だけだと面白くないので、いろんなスケール感を旅する体験を織り交ぜています。

今回はレクサスとのコラボレーションということで、レクサスがデザインした宇宙船「SKYJET」を設置していますが、ちょうど夜になると窓に映像が映りこんで、本当に映像の中の世界を進んでいるように見えるのも面白いなと思います。

於保浩介(以下、於保) 実はこのインスタレーションそのものは、ほかの場所で展示したこともあるんですが、「SKYJET」の有無で意味合いが全然変わってくるんです。今回はものの存在感とか、独特の空気感ができていて、テンションが上がりましたね。

於保浩介(WOW)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

於保浩介(WOW)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

於保浩介(WOW)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

ブランドを育てるために

澤 良宏(以下、澤) レクサスがなんでここに、と思う方も多いでしょうが、実は毎年サポートをしています。我々にとって、クリエイティヴなイヴェントはとても大切だと思っています。単なるラグジュアリーブランドでなく、ライフスタイルを豊かにするブランドになりたいと考えています。

ドイツのメルセデス・ベンツに代表されるようなブランドは100年を超える歴史を持っていますが、いくら頑張っても時間は買えないものなので、そこに並ぶことはできない。では、どうやってブランドをつくっていくのか? そこで必要になるのが独自性です。魅力あるプロダクトと、その世界観に共感できるようなクリエイティヴな活動をサポートしていき、特に新進作家と一緒にやって、世代の成長を共有したいと思っています。

澤 良宏(LEXUS INTERNATIONAL)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

澤 良宏(LEXUS INTERNATIONAL)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

澤 良宏(LEXUS INTERNATIONAL)。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

 「SKYJET」は、実は今年公開の映画に出てくるのですが[編註:リュック・ベッソン監督作品『VALERIAN AND THE CITY OF A THOUSAND PLANETS』]、その映画の設定が西暦2800年、29世紀なんです。レクサスはまだ27歳ですが、800年後もブランドが育っていけるように、いま“点を打っている”ところです。

いろいろなことをやっているなかで、ホヴァーボードをつくってみたり[日本版記事]、食やアートからアプローチしてみたりと、多方面からレクサスのヴィジョナリィを伝えるための試みをしています。

こういったヴィジュアル作品も、結局五感としてどう伝えていくのかが大事だと思います。人間でヴァーチャルデジタルの世界にいくと必ず五感で埋合せて、生理的にバランスをとる。それをやらないと発想が止まってしまうと聞きました。心の満足っていうのは、フィジカルと五感、ヴァーチャル全てがバランスを取れていないと、満たされないんでしょうね。

於保 サーヴィスをひとつ提供するだけでは、みなさんの心の欲求を満たすのは難しいでしょうね。レクサスがいろんなことをやる理由が腑に落ちました。体験を積み上げていって、それがそのブランドの礎になるということですね。

文化を発信しているんだという気持ちと、いい商品がリンクしていくことのスリルやテンションがないと、ブランドを育てていくことなんてできないと思います。発想が止まっちゃう。澤さんはどういうところからインスピレーションを得ていますか?

ぼくは五感の記憶が大きくて、特にヴィジュアルと匂いの記憶が残ります。五感で自分の中に記憶が無いと、いいものってつくれない。記憶が無いと発想できないんですよね。

於保 自然から得るものってぼくらにとってもすごく多くて、作品にもオーガニックの要素がみられます。普段感じた心地よさ、空気感は記憶に刷り込まれていくんだと思います。

今回のトークセッションでは、音声認識によってリアルタイムで文字化される「UDトーク」が導入された。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

今回のトークセッションでは、音声認識によってリアルタイムで文字化される「UDトーク」が導入された。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

今回のトークセッションでは、音声認識によってリアルタイムで文字化される「UDトーク」が導入された。PHOTOGRAPH BY AYUMI YAGI

空気感ってとても大事で難しいんですよね。「空気感を表現する」となると、途端にハードルが上がるんです。空気感ってすごく定義しにくいんですけど、何かしらあるんですよね。永遠のテーマに近いものがあるように思います。ただ、レクサスとしては五感に対しての答えみたいなものを未来に残していきたい。

昨今の技術の進化は目覚ましいものがありますが、それは生活が豊かになっているということとイコールではありません。これから先の50年くらいが大きく変わるという、入り口に立っているような感覚がありますが、デジタル化が進むと、時間軸がパラメーターに入ってきます。レクサスにとっても、時間軸をデザインするということは新たなチャレンジですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る