総合格闘技団体UFCの「4Kライヴ配信」中継車

UFCT4KTruck_IL-1024x768-e1486961206642-b17541a2b09a65c4e20c1859e2d38e2a2b12f7b7

放送局がなかなか足を踏み入れられずにいる4Kライヴ配信。周りに先駆けこの分野に本腰を入れたのは、米国のUFCだった。総合格闘技団体である彼らが、対応テレビが十分に普及していない現時点から4K生中継に投資する理由とは。

TEXT BY TIM MOYNIHAN

WIRED (US)

UFCT4KTruck_IL-1024x768

UFCが総合格闘技大会「UFC 205」を4K生中継するときに使った中継車の内部。会場にいくつも設置されたカメラから送られる4K映像を素早く処理するため、モニターがずらりと並ぶ。PHOTOGRAPH COURTESY OF MOBILE TV GROUP

あらゆるものを4Kに変えてしまうという決定は、視聴者にとって厳しいものだ。しかし、それが生中継を行う放送局にとってもいかに厳しいものであるか、考えてみてほしい。

全米家電協会の予想では、2016年末のホリデーシーズンにおける売上げは好調であり、米国での4Kテレビセット販売総数は前年比40パーセント増の1,000万台にまで押し上がるという[原文は2016年11月初出]。これは、スポーツやニュース、オスカーといったイヴェントの、4Kライヴ配信への需要が拡大し続けるということを意味する。

しかし、生中継を行う放送局は、4K放送の提供を開始するために、カメラやヴィデオスイッチャー、サーヴァーなど、高額ハードウェアの更新をいくつも行わなくてはいけない。そのうえ業界の大半は怖気づいている。彼らは3Dテレビの派手な宣伝に騙されたばかりだ。さらには8Kの登場で、機材をさらに更新しなくてはいけなくなる可能性も高い。

そんななか、米国の総合格闘団体UFCが、4Kでの試合配信に乗り気になっている。彼らはすべての家庭に4Kテレビが行き届くまでに、能率よく動く“4K制作マシン”になろうと考えているのだ。

4Kは「みんなのもの」ではない

この10年、UFCはグローバルに急成長し、その人気は頓に高まっている。そして彼らはペイ・パー・ヴュー方式のビジネスモデルをとっているがゆえに、4Kライヴ配信推進派というユニークな立場にいる(彼らの収入の大部分を占めているのは、UFC主催の生中継試合あり、ビジネスは活況を呈している)。

同リーグは既に2回、ペイ・パー・ヴュー・イヴェントを4Kで生中継している。ニューヨークシティのマディソンスクエアガーデンで開催された「UFC 205」でのチケット売上は1,770万ドルに達し、同アリーナとUFCの両方にとっての最高記録を更新した。同イヴェントのペイ・パー・ヴューの視聴者数は公表されていないが、UFC社長ダナ・ホワイトは、この点でもUFC 205が記録を更新したことをほのめかした。それが本当なら、このイヴェントはこの闘いを観るために、165万人以上が50/60ドルを支払ったことになる。

対応するハードウェアを所有する視聴者たちは、試合を4Kで観戦した。4Kライヴ配信は、米国の衛星放送サーヴィス「DirecTV」のペイ・パー・ヴューで放映される。特定のソニー製4Kテレビをもっている人たちは、UltraHD動画を配信するUFCのAndroidテレビアプリを使って、試合をストリーミングすることができる。

つまり、試合を4Kで視聴できたのは、4Kテレビをもっていて、かつ4Kデコーダーボックスを使ってソニーTVかDirecTVのサーヴィスを利用できる、UFCのペイ・パー・ヴュー視聴者、ということになる。

この制限が意味すること。それはUFCが、そこまで多くの視聴者が4Kを利用するとは考えていないということである。しかし、4K利用者がUFCのグローバルなペイ・パー・ヴュー視聴者のほんの一部になると予想されるにもかかわらず、同社は素晴らしい視聴体験を求める顧客のためにお金をかけている。

たとえまだ広く利用されていなくとも、4Kのような新しいテクノロジーを試してみることはUFCにとって重要なのだと、制作担当副社長のクレイグ・ボルサリは言う。「4K対応が消費者数のクリティカルマスに到達したころには、われわれは十分に他社の先を越していることでしょう」

4Kマジックのつくりかた

民間組織であるUFCは、テレビ映像の制作を自分たちで行っており、4K放送の番組はHD放送のものとは別に制作される。彼らは4KとHD番組の双方で、同じカメラ、生中継タレント、試合間のセグメントを使うが、編集や映像配信、制作などは別々に行われるのだ。

UFC 205では、リング内とマディソンスクエアガーデン周辺の映像を撮影するために、カメラが計11台使われた。ハンドヘルドカメラや、ロボットアームでリングの上方に吊り下げられたカメラ、それに数台の固定カメラが、上方とフェンス側から撮影を行った。そうして撮影されたUltraHD映像はすべて、4KとHDペイ・パー・ヴューの放送両方で使われる。アリーナ内で撮られた映像は、まず4Kトラックへと送られ、そこで瞬時にHDにダウンコンヴァートされ、HDトラックへと送られる。

「HDトラックは、イヴェントのハブにあたります」とボルサリは言う。有料視聴者の大半がHD映像を利用している限り、この状況は変わらないだろう。しかし、4K制作トラックはHDトラックに映像を供給するだけではない。このふたつは、共生関係にあるのだ。各試合において、4K制作チームは独自のアクションカットを編集する。しかし、試合が早期に終了した場合には、HDトラックは事前に制作したセグメントを4Kトラックに供給する。映像はすべてHDコンテンツであり、トラック内で映像を4K放送用にアップコンヴァートする。これらのセグメントはフル4Kではないが、HDよりはシャープだ。

生中継はトラックごとに違ったかたちで編集されるが、4K制作チームは主にHD放送用の指示をもとにカットを行う。しかし、4K解像度の完璧な力を誇示するために、ときに特定のアングルにHDのものより長くとどまることがある。4K視聴者に、テレビの画質のよさを味わってもらうためだ。

2つの放送を異なる様相で録画するためには、カメラに追加機能が必要となる。トラック内のチームは、生放送中にカメラマンへ音声指示を出す。しかし、カメラのファインダーにも小さなライトがあり、それを通じてカメラが“ホット”、つまりショットがオンエアされていることをカメラマンに知らせることができる。ただし、HDと4Kではカットが異なるため、カメラが4K制作にはホットで、HD放送にはホットでないという状況があり得る。そのため、4Kカメラには2個のライトが用意されている。ひとつはHD放送用、もうひとつは4K放送用だ。

彼らが使用する4Kカメラのユニークな機能は、これだけではない。4Kの制作トラック内では、ヴィデオエンジニアチームが各カメラの露出設定を遠隔で調整している。こうすることによって、現場のカメラマンは構図とピントに集中でき、エンジニアリングチームは4Kでよりいっそう美しく映像が撮れるよう、カラーバランスや絞りなどの要素を微調整できる。リング内と観客席では明るさがまったく異なるため、このような露出調整はほぼ絶えることなく続くことになる。

このトラックや大量のカメラは、UFCの所有物ではない。ニューヨークシティでのイヴェントの際には、UFCはMobile TV Groupから最先端の39フレックス4Kモバイルユニットトラックを借りた。トラックだけではない。パッケージの一部として、ソニーのHDC-4300 4Kカメラ10台とPMW-F55シネアルタ4Kカメラ1台、それに超スローモーション映像を撮影するためのグラスバレーLDX-86S 1セットも含まれていた。そして、これらのカメラからの映像をすべてさばくためには、トラック内に大量のモニターが必要になる。

「トラック内には56台のマルチヴューアーがあり、各マルチヴューワーはどれも4ないし9個の画像を表示することができます。配置に応じて表示画像総数は上下しますが、最大352の画像を表示することが可能です」と、Mobile TV Groupの技術ディレクター、デール・カニーノは話す。

Mobile TV Groupは、4K生中継番組制作のまだ短い歴史のなかで、特にスポーツ番組での経験を積んできた。UFC 205で使われた39フレックストラックは、マスターズやノートルダムフットボール、BlizzConなどのイヴェントでも使用されている。しかし、これは制作サイドの話だ。素晴らしい4K放送をストリーミングボックスから配信するために、UFCはNeuLionと提携している。自宅でのストリーミングが安定するよう、十分に低いビットレートで放送をエンコードし、配信するのだ。

4Kトラックの下部にはNeuLionの4Kエンコーダーがある。これが、4K放送用の映像を取り込み、現場でその映像をエンコードし、NeuLionのクラウド配信プラットフォームに高速で送信する。

この過程で、4K映像は世界中のデヴァイスで作動するようにトランスコードされる。もっとも、世界中のデヴァイスといっても、この場合はソニー製テレビのことを指す。なぜなら新しいソニー製4Kテレビが、ファームウェアにNeuLionの4K SDKを組み込んでいるからである。ただ、NeuLionの上級副社長チャールズ・メリロは、はやくもっと多くのテレビが互換性をもつべきだと話している。

問題はプラットフォームだけではない

現時点では、プラットフォームが限定されていることが、視聴者を増やすうえでの障壁となっている。しかし、NeuLionは別の面から4Kストリーミングを一般人にとってアクセスしやすいものにしたのだと、メリロは言う。

4K映像の供給には約18Mbpsの接続速度が必要だ。大都市圏から離れるにつれて接続速度は不安定になるものの、メリロいわく、テレビ信号はきちんと送信されており、UFC視聴者の大半は問題なく視聴できているという。

「ここまでのところ、4Kでアクセスしているユーザーは、試合中はずっと4Kで視聴することができています。これは重要なことです。当社は動画が中断されることがないようアダプティヴストリーミング[編註:動画を視聴者の回線速度に応じて最適な品質で配信すること]を行っていますが、それでも解像度が4Kのままだということだからです」

試合の夜、4K放送トラックの片隅では、NeuLionのエンジニアが3人、モニター前に身を寄せてAndroid TVメニュー画面をひたすら見つめていた。彼らはストリーミングイヴェントの通信回線品質管理技術者である。ペイ・パー・ヴュー映像に適切なタイミングでアクセスでき、映像がスムーズに再生されるか確認していたのだ。そして、彼らはかなり退屈しているように見えた。

「彼らは、映像が確実に読み込まれているかを確認するエンジニアです。彼らがとても退屈な夜を過ごしたということは、すべてが予定どおり行われたということです。彼らには心の底から退屈してもらいたいものですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る