国産「H3」ロケットのエンジン「LE-9」、種子島宇宙センターで燃焼試験へ

C8TPu72U0AAN6pq-d7e4d1ddc10b114b7dddb4ea801280da93e2b9a4

Sponsored link

C8TPu72U0AAN6pq

2017年3月31日、H3ロケットの第1段エンジン「LE-9」が種子島宇宙センターの試験場に設置されました。準備作業ができ次第、燃焼試験が行われます。
エンジンに推進剤を送る「ターボポンプ」単体の試験が完了したため、エンジンの燃焼試験へと開発段階が進みました。

H3は、H-ⅡAロケットの後継機です。2001年から運用されてきたH-IIAですが、今のところ2023年度に運用を終了することになっています。H3は2020年に種子島から試験機1号機の打ち上げを予定しています。
H-ⅡAのエンジン「LE-7A」の推力が112トンであるのに対し、LE-9の推力は150トン。H3はミッションに合わせて2基、または3基のLE-9を用います。

Sponsored link

LE-9はLE-7Aよりも構造が簡単なエンジンサイクル「エキスパンダブリード」を採用しています。H-Ⅱ、H-ⅡA、H-ⅡBロケットにも同じエンジンサイクルが採用されているため、実績は確かです。しかし、今回のLE-9は他の同サイクルのエンジンよりも推力が大幅に上がっているため、楽に製造できるわけではありません。ロケットにおいてエンジンの開発は難しいとされていることからも、一筋縄ではいかないでしょう。

Image Credit: JAXA
■H3ロケット トピックス一覧 JAXA
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h3/topics_j.html
■H3ロケット基本設計結果について
http://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/files/20160720_h3.pdf

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る