5d518828ff221e17893fa8ebbb65a39e17-7c59bcc8a2804449eada7c3ba77ff87e48df24c6

IoTNEWSプレミアム会員 限定海外コンテンツ(今だけ無料!)

Baiduの人工知能チーム、人間のような自主学習力があるAIエージェントを開発

Baiduの人工知能研究チームは二次元環境で自然言語の命令を通じて、AIエージェントが人間のように指示を学習し移動することができたという。

訓練が始まる時、研究者はいくつの指示を出し、AIエージェントの正確な行為を励まし、誤った行為を処罰する。その後、二次元環境にあるオブジェクトや方向などに関する質問を提出し、AIエージェントの自主学習力を高める。最後は、AIエージェントは人間のような環境を理解して判断を下すことができるようになる。

このような学習のプロセスはまるで人間のようだ。赤ちゃんから子供、成人までの成長過程のように、BaiduのAIエージェントが世界を理解・学習し、自主的に思考することができるようになるのかもしれない。

現在のパソコンは人間のように、既存の膨大な知識を利用して新たな状況に応じて判断する能力がまだ習得できていない。BaiduのAIエージェントはたとえ簡単なビデオゲームのような二次元世界のみで利用されることができるとしても、AI研究に対して重要なマイルストーンだと認識され、業界からかなり注目されている。

Samsung、AIスマホアシスタント「Bixby」を開発

最新の「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」スマホの販売と共に、Samsungは「Google Assistant」やマイクロソフトの「Cortana」のようなAIスマホアシスタント「Bixby」の提供も開始した。「Bixby」はSamsungスマホのハードウェアに合わせて開発されているため、大きな効果を発揮できると期待されている。
「Bixby」は「Galaxy S8」上で専用のボタンがあり、サービスやアプリなどにショットカットでアクセスできる。

これで、「Bixby」は様々な機能を実現することができる。例えば、携帯のカメラを通じて、街の標識をスキャンしてその上にある言語を即時に翻訳したり、ビルを見てそれに関する情報を検索したりする。この「Bixby」の機能は、PinterestやAmazon、Vivinoなどのサービスと共に利用することができる。

NVIDIAとTencent 社、人工知能事業で協力

NVIDIAのGPUと機械学習ソフトウェアは人工知能のアプリケーションの構築に関する重要な標準になっている。NVIDIA は人工知能事業をより発展するために、中国技術会社Tencent を自社のクラウドサービスプロバイダのリストに追加し、NVIDIAのハードウェアへのアクセスを提供する。これが、ドローンや自動化工場、ロボット等がカバーされているAIアプリを構築する必要なハードウェアへのアクセシビリティに対して、重要なマイルストーンだと考えられている。

クラウドでのGPUの使用は便利で効率的なAIアプリの構築方法のため、NVIDIAのGPUには大きな市場需要が生じている。

今後、人工知能事業はクラウド技術と組み合わさり、アメリカだけだはなくて、アジアでも迅速に発展していくと見込まれている。

YouTube、AI技術を利用して効果音のキャプションを自動化

【定点観測】人口知能3月アップデート[海外動向]

8年以来YouTubeは聴覚障害者のため、アルゴリズムを使用して数10億のビデオに自動的にキャプションを付けている。最初は字幕の精度がかなり低かったが、時間が経って大幅に改善されてきた。現在、YouTubeはAI技術を通じて、効果音による自動的にキャプションを付けることも可能になった。

今のところは、YouTubeのシステムは拍手、音楽と笑い声が含めている3種類の音声を表示することができる。これらは最も頻繁に手動で追加される音声のキャプションであり、聴覚障害者のため、字幕に自動的に表示されるのだ。

Googleの研究により、効果音のキャプションはビデオ体験を向上することが分かった。Googleは自動のキャプション技術に機械学習を利用しており、音声をテキストに変換している。

Googleはバックグラウンド音声のキャプションに対して、ディープ・ニューラルネットワーク(deep neural network、DNN)モデルを利用し、数千時間のビデオの訓練を行って最善の結果を探索している。技術に関する最も難しい部分は、笑いと拍手のような同時に起こる音声を分けてキャプションにするのところだという。

例えば、アメリカの「Got Talent」ショーでは、効果音は自動音声認識と統合され、キャプションの一部として示されている。

YouTubeのチームは、キャプションに吠え声、ノッキングや鳴りなどの効果音も追加することも予定している。
関連リンク:
Baidu
Samsung
NVIDIA
YouTube

今後、海外ニュースは、IoTNEWSプレミアム会員(1,500円/月)限定コンテンツとして更新していきます。IoTNEWSプレミアム会員になると、海外ニュースや専門家によるオピニオン記事、業界別IoT情報、国内外IoT分析レポートなどを購読いただけます。現在はお試し版として無料で配信中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る