ブロックチェーンは未来を予測し、「現実世界の確実性」を示せるか

GettyImages-97239257-8e9df65a0828a6e8d387fbc998b8aadb74710e58

人々は昔から、あらゆる手段を使って未来を予測しようとしてきた。そしていま、ブロックチェーンが未来予測のために使われようとしている。この技術はまた、ファクトが揺らぐ現代において、真実を守るためにも貢献できるかもしれない。

TEXT BY CADE METZ
TRANSLATION BY TOMOKO MUKAI, HIROKO GOHARA/GALILEO

WIRED(US)

IMAGE: GETTY IMAGES

1880年代、人々はニューヨーク証券取引所沿いの歩道に立って選挙をめぐる賭けをしたりしていた。新聞は選挙の結果予測を伝えるひとつの手段として、賭けのオッズを伝えたりしていたものである。こうした予測の手法を現代のエコノミストたちは、さらに洗練させている。最近の「予測市場」は、インターネットを通じて得る「群衆の知恵」を利用し、大統領選挙からスポーツの試合、株価に至るまで、あらゆるものを予測しているのだ。

こうしたコンセプトは2012年に批判を浴びた。不安定な経済状況と米国の規制当局による圧力のなか、大手予想サイトが閉鎖された時である。だが、シリコンヴァレーはこのアイデアをあきらめてはいなかった。現在、「未来を予測」する市場を構築する新たな手法が注目されている。ブロックチェーンだ。

オープンな予測市場

ブロックチェーンとは、あらゆる中央権力に制御されることなくやり取りされるデジタル通貨、ビットコインの取引を記録する台帳だ。しかし、多くのスタートアップとオンラインコミュニティはいま、ビットコインのコンセプトをさまざまな用途に適用しようとしている。

サンフランシスコの非営利団体「Augur」にかかわる若いエンジニアのジョーイ・クリュッグは、ブロックチェーンのオープンさは、かつてないほど強力な予測市場を実現しうると考えている。規制当局による管理を離れて、これまで以上に大勢の人々に予測市場を広められる可能性があると。Augurは、Ethereumを基盤として、誰でも予測市場を開設して参加できるサーヴィスの構築に取り組んでいる。

「その人がどこの出身かなんて問題になりません。以前は取引できなかったようなあらゆる人たちが、ともに取引できるのです」とクリュッグは語る。21歳の彼は、資本家ピーター・ティール[日本語版記事]による起業家育成プログラムの支援を受ける「ティールフェロー」でもある。

現実の確実性を求めて

ブロックチェーンを使えば究極的には、かなり正確な予測が可能になるかもしれない。これは、間違った予測をしてもほとんど損失を受けない評論家や、世論調査の専門家に対する対抗手段となる。

「口で言うだけでなく、行動で示す必要があります」。仮想通貨を専門とするイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のコンピューター科学者、アンドリュー・ミラーは言う。だが、ブロックチェーンのアイデアを基盤にした魅力的な新しいサーヴィス[日本語版記事]をつくり出そうと取り組む多数の科学技術者や金融トレーダーと同じように、クリュッグはさらに先を見据えている。現在はベータテストの段階にあるAugurだが、将来は「現実世界の確実性」を、あらゆるオンラインアプリケーションに提供できるようになるという。

「現実世界の確実性」という壮大な考えについて多くの疑問こそあるものの、ブロックチェーンのムーヴメントは大きくなりつつある。Augurはクラウドファンディングで530万ドル(約5.8億円)を獲得して事業を始めたが、「Gnosis」や「Bitcoin Hivemind」といったサーヴィスを含め、同様の分野を開拓する動きはほかにもある。

「未来」に賭ける株式市場のようなシステム

予測市場は、企業の株を購入しないということ以外は株式市場に似ている。購入するのは「結果に関する株」だ。たとえば、ドナルド・トランプが大統領に立候補しているとしよう。予測市場では、トランプが当選するか落選するかについての「株」を購入する。もし自分の予測が当たれば儲かる。予測が外れれば、何も得られない。

株式市場と同じように、自分の「株式」を売ることもできる。安く買って、高く売ることを目指すのだ。十分な数の人々が参加すれば、該当株の取引額が、ある結果の可能性を示すものとなるはずだ。予測のペイアウトが1ドルで、トランプの「株」が51セントで取引されているとしたら、市場はトランプ勝利の可能性を51パーセントと予測していることになる。このような予測の賭けは、2013年にノーベル経済学賞を受賞したユージン・ファーマ教授が提唱した「効率的市場仮説」を反映している。

「株価は情報を反映しています」と、カリフォルニア工科大学の経済・政治科学者エリック・スノーバーグは説明する。「株価が低すぎることを示す情報を得れば、人々はその株を購入し、株価は上昇します。株価が高すぎると示す情報があれば、人々はその株を売るものです」

デジタル空間に事実を刻む

理論上は、情報がより優れているほど、人々はより大きく賭ける。Augurのようなサーヴィスは、ブロックチェーンを利用しながら国境を越えて市場を押し広げ、あらゆる賭けの制限を取り除くことによって、より多くの人々と現金を誘い込んでこの力学を強めようとしている。

賭けにおける制限がなければ、最良の情報をもつ人々が賭けを行うことが可能となり、市場の正確性が高まるはずだ。「賭けにおいて制限があると、情報をもったトレーダーが参入せず、市場を動かし、修正するのに十分な資本を伴う取引が発生しません」と、Augurの設立を支援し、現在はGnosisに取り組んでいるマット・リストンは言う。

十分な数の予測に対して、十分な数の人々が十分な資金を投じて、起こると考えている結果にデジタル通貨を賭ければ、このような市場は未来を予測する手段となる。だがそれは、Augurが行っていることの一部に過ぎない。ペイアウト(払い戻し)をするには、予測市場は「起こったこと」を知る必要があるのだ。

ドナルド・トランプは当選したのか、あるいは落選したのか? 旧来の予測市場では、議会がそれを決める。しかし、Augurでは異なる手法をとる。クリュッグは自分たちのブロックチェーンを使用して、結果を記録するためのエンジンを開発した。デジタル空間に事実を記していくための手段だ。

Augurに出資したブロックチェーンのヘッジファンド「Numerai」[日本語版記事]の創設者リチャード・クレイブはこう語る。「これは、未来に起きることの予測だけではありません。現在進行形で起きていることを知ることでもあるのです」

「正直者が得をする」システム

どのように機能するかを説明しよう。人々が予測市場に参加し、ある結果についての賭けを行ったあと、Augurは起きたことを確認するためにお金を払って人々に結果を調査させる。ただし、これらの人々に均一の賃金を支払うわけではない。Augurは自らのブロックチェーンにおいて、人々が物事を正すことを促進する独自の暗号通貨(デジタルトークン)をもつ。「真実を語っていなければ、たくさんのお金を失うことになります」とクリュッグは説明する。

Augurはこのデジタルトークンを「Rep」と呼ぶ。この暗号通貨は売買のために使うことはできず、ある人がどのくらいの頻度で事実を伝えているかに関する評価をトラッキングする。人々は、本当に事実が語られていることに対してRepトークンを賭ける。そして彼らはトークンと引き換えに現金を得ることができる。これは、あらゆる人々の目的を同じ方向に揃えるための手段である。

ただし、何らかの理由で、多数の人々が金銭的インセンティヴよりもほかの何かを優先させ、事実を否定するという危険性は常にある。たとえば、大規模な賄賂が問題になりうる。「不正行為をすることによって利益を得る、というケースはあるかもしれません。すべての人々が事実に向かっていけば、人は事実に向かう動機をもちます。しかし、すべての人々が事実に背けば、そのようにする動機が生まれます」とミラーは言う。

それでも、多くの人々がこのアイデアを信じているようだ。Repの時価総額は、2017年2月末の5,000万ドルから、8,900万ドルにまで拡大している。

「事実」を示すデジタル市場の可能性

クリュッグは最終的に、予測市場以外のものにも対応するサーヴィスをつくろうとしている。Augurの報告エンジンは、あらゆる金融契約を自動化するのに役立つ可能性がある。企業が債務不履行に陥ったら、支払いは行われるだろうか? その企業が実際に債務不履行になったのかどうか、Augurのブロックチェーンを確認してみればいい。

Augurが事実を示すモノサシを獲得したら、ほかの可能性も出てくるだろう。たとえば、トランプ大統領の国家安全保障問題担当顧問が辞任し、AugurのRepトークンで出資を受けた「レポーター」がその人物の辞任を確認したら、この事実がブロックチェーンに焼き付けられる。WikipediaからFacebook、Googleの検索結果まで、あらゆる用途において、このデジタルファクトが利用されるようになるかもしれない。

フェイクニュースがFacebook上で広がり、大統領がオンライン上のデマと『New York Times』の入念な報道との違いもわからない時代において、事実を示すデジタル市場をつくり出すというのは可能性に満ちたアイデアだ。

とはいえ、ビットコインの世界から湧き上がってきた多数のアイデアと同じように、Augurの背後にあるコンセプトは奇妙であり、おそらくは過度に楽観的でもある。マイクロソフトの研究者デイヴィッド・ロスチャイルドは、予測市場での賭けに人々が使用するEthereumトークンの不安定さは、予測の正確性を損なうと指摘する。そして、Augurの報告エンジンが正しく働くために必要なほど参加者は集まっておらず、まだ実証もされていない。

しかし、未来はもちろん、現在の事実についてさえ確信がもてない時代において、この大きな構想は、少なくとも試してみる価値はある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る