ミレニアル世代が支持するジュエリー「エシカル・ダイヤ」が急成長

170516-GettyImages-167394243-1024x683-79611b8fa0660cecca4b79e3039dfef511edeb6a

安価で質の高い「合成ダイヤ」が、エシカル志向のミレニアル世代を中心に注目されている。紛争で血塗られた「ブラッド・ダイヤモンド」を市場から駆逐する日も近い、かもしれない。

TEXT BY SHOGO HAGIWARA

ダイアモンド

PHOTO: GETTYIMAGES

現代の消費者たち、なかでも20〜30代のいわゆるミレニアル世代の消費者は、自分のお金を払って購入するプロダクトの製造プロセス自体を、手に取る商品そのものの価値と同じくらい重要視する傾向が強い。つまり、アパレルであれば製造にあたって児童の就労虐待がないか、食肉であれば不正な飼料の使用はないかなど、身につけるもの、体内に取り入れるものに対する意識はかつてなく高いのだ。

いわゆる「エシカル」(=道徳的、倫理的)なプロダクトを志向するトレンドの一環だが、高級ジュエリーもその例外ではない。レオナルド・ディカプリオ主演の同名映画で広く知られるようになった「ブラッド・ダイヤモンド」に代表されるように紛争地域でのテロ・ゲリラ組織の資金源となっている現実を憂慮し、ラボで生み出された合成ダイヤモンドを求める消費者も増えている。

減りゆくダイヤの産出量

そんな需要の高まりに応えるテック系スタートアップのひとつが、サンフランシスコに本社を置くDiamond Foundryだ。2012年創業で、合成ダイヤの原料となる炭素を太陽の外郭と同程度の超高温度まで熱することのできるマシンを開発、高品質な人工ダイヤの製造を可能にした。くだんのディカプリオも出資する企業で、世界で3社しか存在しない“コンフリクト・フリー”な(=紛争とまったく関連のない)ダイヤモンドを市場に提供する。ちなみに残りの2社は、シンガポールのGeneric Diamondと、ロシアのNew Diamond Technologyだ。

人工ダイヤモンド製造における大きなハードルは、なんといっても高品質なダイヤの合成に不可欠な「プラズマリアクター」の開発だ。Diamond Foundryでは、何千パターンというシミュレーションを繰り返してようやく完成した。その後、商品開発を始めてからさほど時を置かずして、Diamond Foundry製の人工ダイヤの噂を聞きつけたジュエリーブランドから問い合わせや買い付けが殺到したという。

CEOのマーティン・ロスチェイセンは『Fast Company』とのインタヴューで次のように語っている。

「ダイヤモンドの採掘業者はまだ潤っていますが、産出量の減少から、業界に携わるその他の多くの企業が、業績不審の悩みを抱えていたのです」。つまり業界の救世主として合成ダイヤモンドが登場したというわけだ。

「合成」への偏見なきミレニアルズ

Diamond Foundryのプロダクトが市場に出回るようになったのは2015年のこと。以来、四半期ごとに前期比較で売上が2倍以上という驚きの急成長を遂げているという。この需要の高まりを背景に、生産キャパシティを現在の4倍にまで増強する計画も進んでいるとか。

人工ダイヤモンドは、エシカルな側面が最大の訴求ポイントだが、天然ダイヤと比べて価格帯が低く抑えられているのも魅力のひとつ。平均で20〜40パーセントほど節約できるというからその価格差は無視しがたいものがあるだろう。ましてや品質に大差がないのであればなおさらだ。

「もっとも人気のあるサイズや形のもので、だいたい35パーセントほど割安で購入できます」と同じ『Fast Company』のインタヴューに答えたのは、エシカルジュエリーを扱うスタートアップ、Do Amoreの創業者であるクリシュ・ハマトラムカ。通常5,000ドルする1カラットの天然ダイヤが、人工ものだと3,300ドルほどにまで価格を抑えられるという。もちろん裸眼には人工ダイヤだと見分けのつかないほど高いクオリティが担保されている。「差額で購入したダイヤをあしらった婚約指をつくっても、まだお釣りがくるほどです」と、ハマトラムカ。

ただし合成ダイヤには追い風ばかりが吹いているわけではなさそうだ。ミレニアル世代にとっては、天然・人工の違いに関係なくダイヤに触れるのが生まれて始めてというむきが多いため、合成ダイヤに対する偏見が少ない。がしかし、中国人消費者をはじめ天然ダイヤ信仰も根強く、長期的にみるとどこまで今後、合成ダイヤ市場が伸びるかは不透明な部分もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る