米環境保護庁「伝説のデザインマニュアル」が40年ぶりに復刊:アートブックのような美しさと、その輝かしい歴史

epa_01-8e568da9a4e459d0760b10a4a3c1f54c918a0404

1977年につくられた米国環境保護庁(EPA)の伝説のデザインマニュアル「EPA Standards Manual」が、クラウドファンドプロジェクトとして復刻される。その歴史と逸話を、当事者たちが振り返る。

TEXT BY LIZ STINSON
TRANSLATION BY HIROKI SAKAMOTO/GALILEO

WIRED(US)

  • 1/9米国環境保護庁(EPA)は1977年、デザインマニュアルをリリースした。PHOTOGRAPH COURTESY OF EPA

  • epa_02

    2/9プログラムのそれぞれに色が与えられた。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_03

    3/9「水」「騒音」「放射能」といった言葉を示す抽象的な模様も作成された。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_04

    4/9模様と色が組み合わされ、各プログラムは統一感を維持しつつ、個別の外観を獲得した。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_05

    5/984ページのブックレットは、EPAがコストを削減しつつ、より統一感のあるアイデンティティを国民に提供できるかを説明していた。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_06

    6/9「騒音」の模様。ステフ・ガイスブーラーは動きが感じられるデザインを手がけた。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_07

    7/9「放射能」の模様。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_08

    8/9さまざまなサイズのEPAロゴ。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_09

    9/9当時のオリジナルマニュアル。スタンダーズマニュアルは40年ぶりにマニュアルブックを復活させる。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_01

    epa_01

米国環境保護庁(EPA)は1977年、デザインマニュアルをリリースした。PHOTOGRAPH COURTESY OF EPA

  • epa_02

    epa_02

プログラムのそれぞれに色が与えられた。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_03

    epa_03

「水」「騒音」「放射能」といった言葉を示す抽象的な模様も作成された。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_04

    epa_04

模様と色が組み合わされ、各プログラムは統一感を維持しつつ、個別の外観を獲得した。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_05

    epa_05

84ページのブックレットは、EPAがコストを削減しつつ、より統一感のあるアイデンティティを国民に提供できるかを説明していた。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_06

    epa_06

「騒音」の模様。ステフ・ガイスブーラーは動きが感じられるデザインを手がけた。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_07

    epa_07

「放射能」の模様。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_08

    epa_08

さまざまなサイズのEPAロゴ。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

  • epa_09

    epa_09

当時のオリジナルマニュアル。スタンダーズマニュアルは40年ぶりにマニュアルブックを復活させる。PHOTOGRAPH COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

1975年、米国環境保護庁(EPA)はある問題を抱えていた。大幅な予算と人員の削減といった同庁が現在のトランプ政権下で直面しているような危機ではなかったが、それは紛れもない問題だった。1970年に発足したばかりだった当時のEPAは、とにかくグラフィックに関してめちゃくちゃだった。

「規格化がまったく行われていませんでした」と語るのは、グラフィックデザイナーのトム・ジェイズマー。NBCやモービル、チェース銀行、そしてEPAのロゴをつくったことで知られる人物である。

1975年当時、EPA内の9つの部門はそれぞれ独立して活動を行っており、パンフレットやレターヘッド、報告書などの印刷物も統一感を欠いていた。同庁の文書を統一するものは、3色のデイジーをモチーフとするロゴだけだった。だが、そのシンボルにも問題があった。配色のせいで印刷代が高くついたのだ。

ささいなことに聞こえるかもしれないが、こうしたグラフィックの問題によって毎年、何百万ドルという政府の歳入が浪費されていた。EPAは紙を大量に購入できず、おまけにほぼすべての印刷物が、デザイナーを雇って一から作成されていた。「莫大なお金が使われていました」とジェイズマーは言う。

この問題を解決しようとした政府は1975年、ジェイズマーのデザインスタジオ「シャーメイエフ&ジェイズマー」(現シャーメイエフ&ジェイズマー&ハヴィヴ)にデザインの見直しを依頼した。その結果が、1977年にリリースされた『EPA Standards Manual』だった。

スタンダーズマニュアルは、Kickstarterを通じてEPAのデザインマニュアルを40年ぶりに復活させる。2,000人が支援し、本は2017年10月に配送される。

40年後のリブート

この84ページのブックレットは、EPAがどのようにグラフィックデザインを整理し、コストを削減しつつ、より統一感のあるアイデンティティを国民に提供できるかを詳しく説明していた。実用性と魅力に富んだソリューションを提供したのだ。

40年後の現在、デザインマニュアルはもっと野心的なことを象徴している。

「この本はまた、いまではめったに目にすることのなくなった、政府がかつてもっていた配慮とクオリティを示してくれる一例です」。米国政府機関のデザインマニュアルをいくつか復活させてきたスタンダーズマニュアルの共同設立者でグラフィックデザイナーのジェシー・リードはそう語る。

スタンダーズマニュアルはこれまでに、米航空宇宙局(NASA)[日本語版記事]、ニューヨーク市交通局(NYCTA)、そして米国建国200年祭[日本語版記事]のためにつくられたヴィジュアルガイドラインを復活させている。優れたデザインには、現実の問題を解決できる力が秘められていることを示すのが目的だ。

そしてスタンダーズマニュアルは、Kickstarterで『EPA Standards Manual』をリブートさせるための支援を募った[編註:最終的に2,000人から169,424ドル(約1,900万円)を集めた]。

国を動かしたデザインブック

このマニュアルは、グラフィックデザインを扱うエフェメラ(一時的な印刷物)としては超一級品だ。カラフルなレンダリングや抽象的な模様が随所に散りばめられており、政府文書というよりアートブックのような雰囲気がある。

「単なる装飾ではなく、実用的でもあります」と、1970年代当時にこのマニュアルの作成に取り組んだステフ・ガイスビューラーは語る。彼は、デイジーのロゴをシンプルにし、配色もブルー一色にした。

さらに、各部門を区別するためのシステムもつくった。「毒物にはオレンジ」「騒音にはイエロー」「固形廃棄物にはブラウン」といった具合に色を割り当て、「水」「騒音」「放射能」といった言葉を示す模様を与えた。プログラムは全体的な統一感を維持しつつ、個別の外観を獲得した。

ガイスビューラーがデザインした「水」の模様。IMAGE COURTESY OF STEFF GEISSBUHLER, CHERMAYEFF & GEISMAR ASSOCIATES/EPA

スタンダーズマニュアルの共同設立者であるハミッシュ・スミスは「政府のために作成されたものにしては、非常に表現力に富んだグラフィックデザインでした」と言う。

このEPA規格が作成された1970年代は、ハイデザインなマニュアルが一般的になった時代だった。ガイスビューラーたちが『EPA Standards Manual』に取り組む数年前、ニクソン大統領は米国芸術基金(NEA:National Endowments of the Arts)を立ち上げ、これが「連邦グラフィック改善プログラム」につながった。その名が示す通り、連邦政府全体のグラフィックデザインを改善しようとする国家的な取り組みだった。

このプログラムが実施されていた1972~81年、政府各機関は一流のデザイナーを雇い、アイデンティティの改変とグラフィックのシンプル化に取り組んだ。「デザインの一貫性と統一性に対する必要性が意識されつつありました」とNEAのデザインスペシャリスト、コートニー・スピアマンは振り返る。

レガシーはいまでも

ただし、EPAがこのマニュアルを使用したのは数年間だけだった。レーガン大統領は1981年、新しいEPA長官としてアン・ゴーサッチを任命。ゴーサッチは就任早々、3色のデイジーを復活させ、マニュアルのルールにも従わなかった。「その時点でシステム全体が破綻しました」とジェイズマーは回想する。

奇妙なことに、いまでもEPAのウェブサイトを訪れると、左上の隅には、ジェイズマーらの手によるミニマルなデザインのロゴが存在する。それはまさに、このマニュアルが残したレガシーの大きさを物語っている。

現在のガイドラインは、テキストで満たされた飾り気のないウェブページになってしまっており、40年前の努力に対する敬意はまったくといっていいほど払われていない。

「まったくひどいものです」とガイスビューラーは言う。彼は正しい。そのグラフィックデザインは本当にひどい。EPAの現状を考えると、彼の評価はいろいろな意味で的を射ていると思えるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 12879510_m-666d0d56734eeefcba9104ea3e69eefc2bacf3ff

    2年連続で年末に起きた「ウクライナの停電」が意味するもの

    NEWS 2017.01.14 SAT 08:00ウクラ&…

おすすめ記事

  1. xrteclipse_20170821_164732-aa95ad719d7a65a66ec9c12746d60c068b705a97
    NEWS 2017.08.22 TUE 19:002017年8月21&#…
  2. 53193079_m-acec3a2697a393c66f6e91f0f11e542efc71b923
    NEWS 2017.08.20 SUN 16:00フィン&…
  3. FabricSensor-art-1-e1503018439627-785da1ecc20399209fa33539f9981bffdaca26b9
    NEWS 2017.08.20 SUN 14:00ハーヴ&…
  4. GettyImages-506802676-2-1a0f23a30093df056fac9205db1a1f203debdf6e
    INSIGHT 2017.08.20 SUN 08:00イーӤ…
  5. styly2-e1502955992988-126661b5a59757ca27c7a39e95f69deb9ddb31df
    NEWS 2017.08.18 FRI 17:00「VR(仮…
※ダウンロード後30分以内にインストールして下さい
http://technologyjapan.xyz/wp-admin/widgets.php#remove

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る