サンダー・ピチャイが語った:グーグルが描く「AIファースト」と「未来のクラウド」の全貌

GettyImages-684227002-e60203a2129741caa6f8dc6ff65689981ca39bb8

「AI(人工知能)ファースト」を掲げるグーグルが、AIに最適化した新たな半導体を主軸にした戦略を強化している。そのAIをフル活用したクラウドサーヴィスを展開していくというグーグルの未来図について、CEOのサンダー・ピチャイが『WIRED』US版のインタヴューに答えた。

TEXT BY CADE METZ

WIRED(US)

Google CEO Sundar Pichai

PHOTO:GETTY IMAGES

毎年恒例となったグーグルの開発者向けカンファレンス「Google I/O」の2日前。2017年5月15日(米国時間)にインタヴューに応じたグーグルCEO(最高経営責任者)のサンダー・ピチャイは、基調講演を前に喉を気遣ってか、ゆっくりと穏やかに話し始めた。

ピチャイが繰り返し語ってきた通り、グーグルは今や「AIファースト」な企業である。だが今回のインタヴューの半ばで、ピチャイはグーグルが機械学習に最適化したTPU(Tensor Processing Unit)と呼ばれるチップ[日本語版記事]の最新版を発表し、それが人工知能(AI)の新潮流を強化するために特別に開発したものであることを明かした。語り口こそ穏やかだったが、このニュースはテック業界を駆け巡ることだろう。

グーグルは2016年のカンファレンスで、このAI用のTPUを発表している。しかし今回は全く別物だ。ピチャイによると、グーグルの新型チップは昨年のものよりはるかに強力で、多用途につかえる。そして最新の機械学習技術を取り入れただけでなく、機械学習ソフトウェアを訓練するために設計されたという。インテルを筆頭に他社もこうした半導体の開発にしのぎを削っているが、これほどの半導体を開発した企業はないと言っていい。

ピチャイは、このAIチップを誰もが使えるようにするのだという。それはグーグルが目指す「AIの民主化」の第一歩になる。

グーグルが目指す「AIの民主化」の姿

「わたしたちの取り組みのなかで最もエキサイティングなことのひとつは、機械学習とAIを身近なものにすることです。あらゆる人が利用できるようにすることが大事なのです」と、ピチャイは水曜朝の基調講演の直後、控室で語った。会場に流れる音楽が壁の向こう側から漏れ聞こえるなか、彼の声には興奮と活力が戻っていた。「今回の試みは非常に重要なものなのです」

今回発表したAIチップを外販する予定があるかと尋ねると、ピチャイは「ノー」だという。それは「民主化の行きすぎ」だというのだ。グーグルは半導体そのものを売るのではなく、自社製のAIチップのパワーをクラウドサーヴィス経由で開放することになる。

「わたしたちは最先端の機械学習とAIの技術が、クラウドプラットフォームの差別化要因になると考えています」と、ピチャイは語る。つまり、新型チップと新しいサーヴィスを組み合わせることで、グーグルのクラウドビジネスを、アマゾンやマイクロフトなどよりも優位なものにしたいというわけだ。

グーグルにはAIの研究所が2つある。シリコンバレーの本社に拠点を置くGoogle Brainと、ロンドンのスタートアップでグーグルが3年ほど前に買収したDeepMind[日本語版記事]だ。この2カ所でグーグルはAIの研究開発を進めており、産業や経済を様変わりさせようとしている。さらに以前から知られているように、グーグルはデータセンターの構築とサーヴァー運用の手法も大きく変えようとしている。

クラウドという「新しい波」

今年のカンファレンスで目立ったのは、グーグルがいかに自社のテクノロジーを他社と“共有”することに力を入れているか、という点だ。そして自社の強みをフル活用することで、クラウドコンピューティング市場でトップに立とうという努力である。クラウドは最終的に、グーグルの事業の中でも稼ぎ頭になる可能性がある。

「ずっと感じていたのですが、製品やプラットフォームの開発からは、うまくいけば莫大な利益が得られます。特にプラットフォームがそうです」と、ピチャイは言う。「大規模なクラウドの運用はデータプラットフォームの強化につながり、さまざなな産業に変革をもたらすことができます。そこに経済的なメリットがあるのかって? 確実に大きな利益が得られると思いますよ」

現状、グーグルの利益の圧倒的大部分はネット広告によるものだ。しかし、グーグルはクラウドコンピューティングこそが、いつの日かネット広告よりはるかに大きな利益をもたらすと信じている。米調査会社のフォレスター・リサーチによると、世界のクラウドコンピューティング市場は2020年までに1910億ドル(約21兆円)に達するという。

市場が急成長する一方で、グーグルのクラウド事業はアマゾンやマイクロソフトの後塵を拝している。ピチャイはAIの優位性を最大限に生かすことで、業界でのシェアを拡大したいと考えているのだ。

「GPU」との共存という道

グーグルが独自のチップを新たに開発したのは、「特にGoogle翻訳のようなAIサービスを充実させるため」であると、AI研究部門のGoogle Brainを統括している同社シニアフェローのジェフ・ディーンはいう。ピチャイによれば、新型チップの能力をクラウド経由で外部から利用できるように準備は進めているが、まだ社内で活用し始めたばかりの段階だという。

一連の動きは、グーグルがいかにクラウド市場を重視しているかの表れである。ただ指をくわえて待っているわけではないのだ。

もちろん新型チップがあるからといって、クラウドビジネスの成功が保証されているわけではない。ほとんどの企業は、自社のAIにNVIDIA(エヌビディア)のGPUをつかっている。GPUのデータ処理方式が機械学習に向いているからだ。

関連記事グーグル、NVIDIA、インテル、IBM…激化するAIチップ開発競争

クラウド経由でグーグルの新型チップを利用するとなれば、企業や開発者の仕事の進め方は様変わりしてしまう。「問題は、どのくらい簡単なのか、ということです」と、機械学習のスタートアップSkymindのクリス・ニコルソン創業者兼CEOは言う。「開発工程を理解するのに、グーグルのエンジニア並みのスキルが必要なのでしょうか」

ピチャイは、新型チップを理解するには時間がかかる可能性を認めている。一方で、テクノロジーを大きく前進させるためなら、開発者は変化に対応するのをいとわないとも信じている。「わたしたちのシステムをつかえば開発スピードを大幅に加速させることができるます」と、ピチャイは言う。「ウェブが登場した当時はJavaScriptを使った開発も、開発環境もありませんでした。それでもJavaScriptは広く使われるようになったのです」

さらにピチャイは、GPUがAIの研究や運用に今後も大きな役割を果たすことを認識している。グーグルはクラウド経由で独自のAIチップを利用できるようにするが、GPUや他のAI半導体もおそらく併用できるようにする。「どちらかを選べという話ではありません。選択肢を広げるということなのです」と、ピチャイは語る。グーグルは企業に必要なものは、すべて提供できるようにしたいのだ。

AIがAIを生み出すテクノロジー

ピチャイによると、グーグルは自社が最も得意とする分野に進んでいるのだという。それはプラットフォームを構築することで、人々が必要とするものを何でもつくれる環境を提供することだ。「グーグルは常にコンピュータープラットフォームのことを考え続けてきました。実際、わたしはプラットフォームの構築に時間の大半を割いています」と、ピチャイは言う。「なぜなら、それはイノヴェイションを加速する最も強力な手段だからです」

グーグルの新しいAIチップを利用したサーヴィスは、多くの企業にとってはプラットフォームが増えるという意味で、今後しばらくは役に立つものになりそうだ。結局のところグーグルのチップは、幅広い産業が機械学習によってビジネスのあり方を変えるための手段のひとつにすぎない。

ピチャイが特に関心があるのは、グーグルの研究プロジェクト「AutoML」である。これは機械学習によって、さらに多くの機械学習システムをつくり出す手法だ。ピチャイによると、AutoMLは映画「インセプション」を彷彿とさせるのだという。「エンジニアたちには『もっと深く』掘り下げなきゃいけないと言ってるんです」と、ピチャイは基調講演で映画のセリフを引用しながら語った。

ピチャイが強調したいのは、AIを生み出すために、間もなく自動化が非常に大きな役割を果たすようになるということだ。そしてグーグルがオンラインサーヴィスとしてAutoMLを提供し、発表したばかりのAIチップを活用する構想を掲げている。

基調講演で明らかになったが、グーグルのエンジニアたちは新しい「TensorFlow Lite」というソフトウェアを開発している。このソフトは機械学習モデルを個人のスマートフォンで動作させる技術で、AIを活用した機能をつかうたびにインターネットに接続する必要がなくなる。

関連記事グーグル、機械学習システムをオープンソース化

グーグルはこのテクノロジーをオープンソースにして、一般向けの新たなプラットフォームにする予定だ。スマホでAIを動かすには、開発者はグーグルのクラウドを利用してAIモデルを鍛えなければならない。つまり、グーグルに情報を提供することにもなるわけだ。

グーグルはプラットフォームのオープン化によって「AIの民主化」を目指すと強調してはいるが、莫大な利益を得るための手段であることを忘れてはならない。昨年と同様にピチャイの基調講演は、グーグルを「AIファースト」な企業として訴求することに重点を置いていた。だが、彼はAIが別の大きなブレークスルーにもつながることを知っている。それはグーグルにとって新たな金脈になる、ということなのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
ページ上部へ戻る