Apple、AR・Siriを使った新製品と、HomePodを発表 ーWWDC2017レポート

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

Appleの年次イベントWWDCが6月5日―9日カリフォルニア州サンノゼ市で開催されており、新技術や商品の発表はイベントの初日に多く行われた。

「ARKit」という開発用のプラットホームを開発者向けに公開し、iPhoneやiPod向けのARソリューション開発を促進している。ARKitを使ってゲーム、ショッピングや産業デザインなどの分野でソリューション開発が可能だ。

Appleの音声パーソナルアシスタント「Siri」は女性と男性音声設定が可能になり、イントネーション、ピッチ、ストレスや会話テンポの調整が前より自然になった。さらに、Siriに翻訳機能が追加されて、英語を中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語やスペイン語に翻訳できるようになった。 また、音声サービスだけではなく、ユーザーの使用パターンをデバイス上に学習し、それに基づいてユーザーに情報を提案する。

また、ユーザー対ユーザー(PtoP)が直接支払いできるソリューションは、すでに北米や中国では実現されているが、今回、このような個人間の支払いがApple Payで実現された。支払いはiOSのメッセージ機能で直接送金するか、Siriに支払うように命令することで可能となる。

もう一つ大きな発表となったのは「HomePod」だ。

長い間、噂されていたAmazon Echoへの対抗商品で、HomePodがApple版のホームアシスタントになる、という期待もあったが、現在のAppleの発表によると、HomePodはSiriでコントロールできるワイレススピーカーとして紹介された。

HomePod を使う場合、AppleMusicサービスに加入し、そこからユーザーが好きな曲を学習した後、ユーザーの好みにぴったりの曲をお勧めできるという。

また、学習された内容はユーザーが使っているすべてのAppleデバイスに共有される。また、ミュージック・ライブラリー内での検索が可能だ。HomePod は今年12月からオーストラリア、イギリスやアメリカで販売される予定だ。

上記以外にも、Apple は新しいハードウェアなどを紹介したが、この記事ではIoTに関連性があるものに絞った。

Apple newsroom IoS
Apple newsroom HomePod

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る