家電業界の巨人は生まれ変われるか──パナソニックが目指す、SXSW2017の先

MG_7670-e1496656657170-237c894e115107547227dc8bc75045d206a54639

パナソニック アプライアンス社の新しい取り組みである社内アクセラレーター「Game Changer Catapult」(以下、GCカタパルト)。3月のサウスバイサウスウエスト(以下、SXSW)出展後、ひと月も経たないうちに事業性検討会が開催された。終了後に、アプライアンス社社長の本間哲朗にGCカタパルトについての話を訊いた。(雑誌『WIRED』日本版VOL.28より転載)

PHOTOGRAPHS BY KAORI NISHIDA
TEXT BY YUKO NONOSHITA

SXSWから2週間後、滋賀県草津市にあるパナソニック アプライアンス社本部で事業性検討会が開催された。

2018年に100周年を迎えるパナソニック。数ある事業のなかで家電部門を一手に担うパナソニック アプライアンス社の「GCカタパルト」という企業内アクセラレーターへの取り組みは、何もかもが初めて尽くしだった。

社外との協創によるオープンイノヴェイションや、短期間でのプロトタイプ開発、プロトタイプ段階での公開、そして国際イヴェント、サウスバイサウスウエスト(SXSW)への公式出展や開発段階での製品の展示など、「家電業界の巨人」のイメージを覆すような素早い意思決定と、他企業との連携などが見られた。アプライアンス社という企業のなかの、ひとつのプロジェクトにすぎないGCカタパルトは、大企業パナソニックを動かせるだろうか。

SXSW後の舵取りが肝心

『WIRED』日本版で取り上げたように、SXSWでの予想を大幅に上回る成果だけ見れば、GCカタパルトの狙いは成功だったといえるかもしれない。しかし、プロジェクトのメンバーたちにとってそれは通過点にすぎない。海外の独特な雰囲気のなかで行われるイヴェントでの成果が、果たしてビジネスを加速させることができるのか。むしろSXSW後の事業性検討会こそが、自分たちのアイデアをどこまで成長させられたかを評価される大きな分岐点となる。

3月末に開催されたGCカタパルト事業性検討会。SXSWに参加した6チームがプレゼンテーションを行った。

SXSWで得た熱量がまだ残るうちにフィードバックすることを重視したため、メンバーたちの帰国から間もない3月末に、滋賀県草津市にあるパナソニック アプライアンス社(以下、アプラインス社)本部で事業性検討会が開催された。審査員にはアプライアンス社社長の本間哲朗をはじめ、副社長の今井淨や各部署のキーマンである常務や所長らが参加した。

プロジェクトの関係者や、メンバーの上司、サポーターらもオブザーヴァーとして見守るなか、1チームあたり7分間のショートピッチに質疑応答の3分を加えた10分間でビジネスの実現性と今後の活動計画までを発表する。事業化を目指す6チームが参加した。

次々と実装されていくアイデア

技術系スタートアップが取り入れるアジャイル開発では、製品のアイデアとモックアップだけを見せて反響を集めることはよくある手法だが、GCカタパルトではどのチームもプロトタイプをできるだけ完成品に近づけようと、ぎりぎりまで開発を続けた。同じアイデアでも見せ方次第で印象や評価が変わる。SXSWを経験したメンバーが現場で実感したことのひとつである。

各チームが実装を見越した具体的な事業計画を発表した。

参加者の興味を引くよう展示方法を日々工夫し、寄せられた声をもとに説明や応答の内容を臨機応変に変えていく。通常のリサーチ手法とは異なるインタラクティヴなアクションを積み重ねることで、事業につながるアイデアの創発やコラボレーションのきっかけづくりにつなげていった。

検討会のプレゼンにおいて、「CaloRieco」は参加者の前で結果を見せることで対話が盛り上がり、未病対策に取り組む専門家やレストラン経営者などのパートナー候補が浮かび上がった。パッケージ化された発酵食品をそれぞれに合うよう調理ができる「The Ferment」は、魅力的な食材キットの開発や、コラボレートできる料理人や発酵研究者のネットワークづくりに力を入れる方向へと内容を進化させた。

嚥下・摂食障害をもつ人たちが普通の食事ができるよう、食材をそのままのかたちでやわらかくできる機器「DeliSofter」は、海外でも確実にニーズがあることがわかり、チームが最初から目標に掲げるケア家電事業の立ち上げの可能性を実感したという。

各チームのプレエンテーションに対して、アプライアンス社社長・本間哲朗をはじめとした経営幹部たちの厳しい指摘が入る。

エフェクタと呼ぶスティックタイプの洗剤を使って衣類を1点ずつ水洗いする新しい衣料ケアシステム「MonStyle」は、検討会での意見を受けてメインターゲットを独身女性からファッションコンシャス層に変更した。

そのほか、キュレーションされたコンテンツを配信する住空間ディスプレイ「AMP」(Ambient Media Player)や、日本酒を入れるだけで適温に保ち、ソムリエのように解説も表示される「Sake Cooler」、など各チームが実装を見越した具体的な事業計画を発表した。

次のゲームは始まっている

審査員からは、すべてのチームがSXSWの経験をもとに事業内容を進化させたことに対する評価はあったものの、「事業としてどうマネタイズするか」「パナソニック製品として売り出すのか」「社内のどこで事業化するのか」といった新たな課題も寄せられた。

社内ゲームチェンジャーである限り、同僚の協力や本業との両立をどうするかという体制の見直しが必要となり、これからは組織としての検討も求められる。どこまで革命が起こせるのか、メンバーのチャレンジは続く。

「『Game Changer Catapult』にある“ゲーム”とは、プレイヤーではなくゲームそのものをつくり出す人になるという意味が込められており、一人でも多くのゲームチェンジャーを増やすことが、大企業の殻を突き破る原動力になる」とGCカタパルト代表、深田昌則は言う。今回のプロジェクトは変革のための通過点であり、次のゲームを生み出す動きは、もう始まろうとしているのだ。

SDメモリーカードの事業化に携わったアプライアンス社社長本間哲朗。若い社員にも「熱中」してほしいという。

何かを始めなければ何も変えることはできない

事業性検討会終了後、審査員のアプライアンス社社長・本間哲朗は、プロジェクト開始から1年を迎えるGCカタパルトの取り組みについて次のように語った。

「社内でも立ち上げが難しい新規事業を、わずか1年弱で事業性が検討できるまでにする。GCカタパルトはパナソニックにとって初めての取り組みで、できるだけ運営も現場に任せて自由に動いてもらいました。

本業と並行しながらプロトタイプをつくり、社外ともコラボレーションしながら、海外イヴェントにも出展するのは、本当に大変だったと思います。そこで求められていたのは、新規事業のアイデアだけではありません。“無我夢中になって何かに取り組む時間”を経験すること。それこそがいまや大企業では経験するのが最も難しいものになっているためです。

自分自身、30代からSDメモリーカードの標準規格の策定から事業化に取り組んでいた10年間、モチヴェーションを維持するのに苦労しましたが、全員が一体となって何かを生み出そうとする独特の熱意を体感し、その体験がいまも自分の原動力につながっています。できるだけ多くの社員がそうした経験をできるようにしたいのですが、これまでのやり方では難しいのが現状です。GCカタパルトはようやく始められた改革に向けた取り組みのひとつで、今回それなりの成果が見られたとは思っています。

ただ、その影響がすぐにあらわれるというような甘い考えはもち合わせていません。世界を舞台に100年続いてきた会社が、そう簡単に変革できるわけがなく、まだ一歩も踏み出せていないと感じています。ですが、何かを始めなければ何も変えることはできません。少しずつですが、確実に変われる可能性は感じています。そのためにも熱意は大事なものだと考えています」

Game Changer Catapult

雑誌『WIRED』日本版最新号は、「ものづくりの未来」を大特集! 大量生産・大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトは、いかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。そこからヒトは、何を得て、何を学ぶのか。未来の「感覚」をデザインするイヴ・ベアール、フランス流「ハードウェア・スタートアップ」の人文学、京都式「長く続く」ための技術と伝統、北欧からはじまる「リペア・エコノミクス」の新時代、坂本龍一と考える「人・もの・音」…and more!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
ページ上部へ戻る