中国で巨大ソーラードローン「CH-T4」が飛行 数ヶ月間の連続飛行目指す

20170609nchina1-fe0ab37def82de1a69cd7f909faed38d0332263c

Sponsored link


20170609nchina


 
太陽光の力で長期間飛行できる「ソーラードローン」にはさまざまな機関がとりくんでいますが、中国では「CH-T4」という全長40mのソーラードローンが飛行に成功しました。このドローンは将来的に、数ヶ月間着陸しないで飛行することを目指しています。
 
このCH-T4は機体の上部にソーラーパネルを搭載し、その重量は約400〜500kgしかありません。そしてモーターで8つのプロペラを回転させ、地上約2万メートル上空を飛行するのです。巡航速度は約時速200kmと、比較的ゆっくりです。
 
CH-T4を開発したのは、中国航天科技集団公司(CAAA)。素材にカーボンファイバーを採用するなどして、軽量化を図っています。また発電した電力はバッテリーに充電することで、夜間でも飛行が可能です。
 
現在グーグルやフェイスブックのような巨大テック企業、それにDARPA(国防高等研究計画局)などの軍事組織も、このような上空を飛行するソーラードローンに期待を寄せています。その目的は、監視用途や通信中継機などとさまざまです。現時点ではグーグルの「Titan」はプロジェクトが断念され、フィエスブックの「Aquila」は昨年に飛行テストが行われたと報じられていますが、このようなドローンが世界を飛び回る日はくるのでしょうか?
 
Image Credit: China Daily
■China just flew a 130-foot, solar-powered drone designed to stay in the air for months
http://www.popsci.com/china-solar-powered-drone


Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る