Parallels Desktop 12 for MacにmacOS 10.13 High Sierraをインストールする方法。

macOS-logo-icon-e82d2b2467ab7361248462ebd8cf2c6895a8cb4b

 Parallels DesktopにmacOS 10.13 High Sierraをインストールする方法です。詳細は以下から。

 Appleは先日行ったWWDC 2017の基調講演の中で、2017年秋にもAPFSやVRなどをサポートした次期Mac用OS「macOS 10.13 High Sierra」をリリースすると発表し、開発者向けに1st Betaを公開したのでParallels Desktopへセットアップしてみました。

 High Sierraのシステム要件はmacOS Sierraと変わらないので、Sierraが動作している2010年製以降のMacBook Air/Pro, Mac mini/ProおよびLate 2009以降のMacBook, iMacならばHigh SierraをゲストOSとしてParallels Desktop上にインストールすることが可能だと思われます。

OS X 10.11
El Capitan
macOS 10.12
Siera
macOS 10.13
High Siera
MacBook Air Late 2008以降 2010年製以降
MacBook Pro Mid/Late 2007以降
Mac mini Early 2009以降
Mac Pro Early 2008以降
MacBook Late 2008アルミニウム製
またはEarly 2009以降
Late 2009以降
iMac Mid 2007以降

インストールディスクの作成

 まず、macOS High Sierraのインスールディスク(USBメモリ)を作成します。インストールディスクの作成に必要な物は以下の通りで、インストーラーアプリはアプリケーションディレクトリにあるものとします。

  • インストールディスク作成用のMac
  • Install macOS 10.13 Beta.app.app (約5.26GB)
  • 容量が12GB以上あるUSBメモリやSDカードなどのメディア

High Sierraのインストールディスク作成に必要なもの。

Appleは2017年04月にインストールディスクにサポートドキュメントをアップデートし、インストールディスクは「少なくとも12GB以上の空き容量」を確保して欲しいとしていますが、High Sierraは8GBのUSBメモリでも可能でした。

 次に、High Sierraのインストーラーを作成します、macOS/OS XのインストーラーはOS X 10.9 Mavericksから”createinstallmedia”コマンドという起動可能なインストールディスクを作成するコマンドが同梱されており、このコマンドを利用することにより簡単にインストールディスクを作成することが可能です。

How to use High Sierra createinstallmedia

  • macOS Sierraのcreateinstallmediaコマンドのパス
  • /Applications/Install macOS 10.13 Beta.app/Contents/Resources/createinstallmedia
    
  • createinstallmediaコマンドを使用して”Untitled”という名前のUSBメモリを起動可能なインストールディスクにする方法は以下の通りで、–volumeにインストールディスクまでのパス、–applicationpathにインストーラーアプリまでのパスを入力します
  • sudo /Applications/Install macOS 10.13 Beta.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install macOS 10.13 Beta.app/
    

 createinstallmediaコマンドを利用するには管理者パスワードの入力が必要で、途中「ターゲットボリューム(USBメモリ)のフォーマットを行ってもいいですか?」という表示が出るので、問題なければ[Y]を入力すれば数分でインストールディスクが作成されます。

macOS 10.13 High Sierraのインストールディスクの中身。

Parallels Desktopへ

 今回利用するParallels Desktopのバージョンは、最新の「Parallels Desktop 12 for Mac」 v12.2ですが、同バージョンは現在のところ上で作成したインストールディスクやインストールアプリを利用してゲストOSとしてHigh Sierraを1からインストールすることは不可能のようで、まずMac App StoreからSierraをダウンロードしゲストOSとしてセットアップします。

macOS High SierraをParallels DesktopのゲストOSとしてインストールすす方法。1

回復パーティションからSierraをインストールすることも可能です

 Sierraのセットアップが完了したら先程作成したインストールディスクをゲストOSへ接続し、High Sierraのインストーラーを起動。

macOS High SierraをParallels DesktopのゲストOSとしてインストールすす方法。2

 [続ける]を選択すると、High Sierraをインストールするディスクを選択する画面が出現し、そこに注意書きとともに“✅ Upgrade Hoge to APFS”という起動ディスクをAppleの新しいファイルフォーマット「APFS」へアップグレードするというオプションが表示されるので、このチェックボックスをOFFにします。

macOS High SierraをParallels DesktopのゲストOSとしてインストールすす方法。3

 後は暫く待つだけで、SierraだったゲストOSがHigh Sierraへアップグレードされ、iCloudやSiri、位置情報などの設定後、High SierraヘアップグレードされたVMを利用できるようになるので、Beta版とParallels Desktopをお持ちの方は試してみて下さい。

macOS High SierraをParallels DesktopのゲストOSとしてインストールすす方法。4

: 現在のところ、Parallels Desktop側はHigh SierraをゲストOSとしてサポートしいないものの今後サポート予定で、(ホストOSとして)High SierraをインストールしたMacでParallels Desktopを利用するとAPFSやParallels Tools, 回復パーティションからのVMのインストールなど、いくつかの機能が利用できないことを確認しているそうなので、利用される方は自己責任で行ってみて下さい。

Related post

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
Return Top