デジタル一眼搭載の自律走行車「ロボットフォトグラファー」:無軌道DIY企画「やってみた」復刻掲載その1

0838-1-718x1024-28e34233aa8f46a1e925f2e4f005fd64f4471fbe

自律走行車なんて3日でつくれる! やんちゃなクリエイター集団・メタクラフトが「ロボットフォトグラファー」をつくってみた。雑誌『WIRED』日本版VOL.28「ものづくりの未来」の発売を記念して、昨年終了した無軌道DIY連載「やってみた」を復刻掲載する(雑誌『WIRED』日本版VOL.18より転載)。

TEXT BY TETSUTARO SAIJO
ROBOT CREATION BY TAIKI WATAI

テクノロジーアートや、デジタルクラフトが得意なクリエイターチーム「METACRAFT」がつくった自動走行車のプロトタイプ。チームの代表で本記事の執筆者である西條鉄太郎が、2017年6月17日と18日、WIRED Lab.で展示・ライヴを行う。PHOTOGRAPH BY KOTARO WASHIZAKI

「ロボットフォトグラファー」「光る透明ギター」「幾何学フィルム凧」「極地横断型永久機関(の模型)」…。見たことのないDIY制作物を世に問いながら、昨年最終回を迎えた『WIRED』日本版の連載「やってみた」。VOL.28「ものづくりの未来」特集の発売を記念して、2017年6月17日〜18日にイヴェントとして帰ってくる。それに合わせて、過去の記事を続々と復刻掲載。第1回はパーツを組み合わせた「ロボットフォトグラファー」!

イヴェント詳細帰ってきた!無軌道DIY連載「やってみた」!VOL.28「ものづくりの未来」発売記念インスタレーション&ライヴ

ぼくはクリエイターを集めた会社を経営しているのだけど、メンバーは皆、人間のつくるクリエイティヴには飽きてしまった。

ヒトが面白いとか美しいと感じるフォーマットのもとで作品のディテールを工夫したところで、結局出来上がるものは人間の想像力を超えたものにはならない。でも、今後技術が発展すれば、 機械はヒトの発想の範囲を超えたクリエイティヴを生み出せるはず。

なぜならグラフィックだろうと映像だろうと、つまるところ「組み合わせのヴァリエーション」にすぎないと思っていて、そういう作業は将来的に機械のほうが得意となるに決まっているからだ。

そこでつくってみたのが、このコンセプトを表現する初歩的なプロトタイプ・ロボット。ラジコンカーに空間認識スキャナー(あの大企業が使っているものと原理的には変わらない)を取り付けて自律走行車へと改造し、サーヴァーと接続したデジタル一眼を搭載した「ロボットフォトグラファー」だ。

技術的にはマイコンが扱えれば数日でつくれるようなもので、それらしい高度な人工知能はまだ搭載していないが、イヴェント会場などで運用してみると、人間のカメラマンよりよっぽど人気者になれた。

ぼくたち自身は、好きなことだけやって気ままに生活したいし、いっそのこと自分たちの代わりに働く、クリエイターとしての人工知能とロボットがあればいいと思っているのだ。

  • 0919

    1/3マイコンボード:オープンソースハードウェアとして電子工作愛好者に親しまれている「Arduino」を使用。初心者でも簡単にAVRマイコンを扱える開発環境が整っており、プロトタイピングに向いている。

  • 0915

    2/3レーザースキャナー:海外通販で購入したrobo。peak社の回転式360度レーザー測距装置、「RPLIDAR 360°」を使用した。ロボットはこの装置によって周囲の空間をモデリングし、障害物を避けることができる。

  • 0918

    3/3モータードライヴァー:Pololu 社のモータードライヴァーモジュールを使用。モータードライヴァーとは、モーターの駆動を制御する装置のことで、モーターに流す電流量、方向、タイミングなどを制御している。

  • 0919

    0919

マイコンボード:オープンソースハードウェアとして電子工作愛好者に親しまれている「Arduino」を使用。初心者でも簡単にAVRマイコンを扱える開発環境が整っており、プロトタイピングに向いている。

  • 0915

    0915

レーザースキャナー:海外通販で購入したrobo。peak社の回転式360度レーザー測距装置、「RPLIDAR 360°」を使用した。ロボットはこの装置によって周囲の空間をモデリングし、障害物を避けることができる。

  • 0918

    0918

モータードライヴァー:Pololu 社のモータードライヴァーモジュールを使用。モータードライヴァーとは、モーターの駆動を制御する装置のことで、モーターに流す電流量、方向、タイミングなどを制御している。

VOL.28「ものづくりの未来」発売記念インスタレーション&ライヴ
『帰ってきた!無軌道DIY連載「やってみた」!』

VOL.28「ものづくりの未来」特集の発売を記念して、『WIRED』日本版で連載されていた「WIRED X やってみた」がイヴェントとして帰ってくる。連載で取り上げられた作品だけでなく、クリエィティヴチーム「METACRAFT」が過去に制作したオブジェや、同チームリーダーの西條鉄太郎がプロデュースする改造楽器バンド「NOMATH」の移動式ドラムまでが一堂に会する。さらに、6月17日(土)の夜にはライヴも!

日時:2017年6月17日(土)18日(日)
展示|両日 14:00〜18:00
ライヴ|6月17日(土)19:00〜21:30
(LIVE: NOMATH DJ: tomad, God Scorpion, ZENZAMAN)
会場:WIRED Lab.(東京都港区六本木1-3-40 アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口)
主催:METACRAFT
協力:『WIRED』日本版

Related post

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
Return Top