Netflix最新作『ウォー・マシーン』に「新しいブロックバスターの時代」の幕開けを見た!

WarMachineTA-a594537f771d9283b45334579251e0227b5281a9

5月から配信が始まったNetflixの新作映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』。ブラッド・ピットというスター級の映画俳優が主演する本作が意味することは何か? Netflixが、大作映画を観るのに映画館に行く必要のない時代をつくろうとしていることである。

TEXT BY BRIAN RAFTERY

WIRED(US)

PHOTOGRAPH COURTESY OF FRANCOIS DUHAMEL/NETFLIX

2年前の夏、Netflixがブラッド・ピット主演の戦争コメディ大作『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』の配信を告知したとき、メディアのヘッドラインはハリウッドが感じた驚きをうまくまとめていた。「流れが一変した!」「ワオ!」「これが映画館に与える意味は?

驚くのも無理はない。その当時、Netflixによるオリジナル映画は、アダム・サンドラーによるコメディ4作品のみだったからだ。ブラッド・ピットのような、オスカー候補で超スター級の映画俳優と手を組み、『それでも夜は明ける』で2度目のアカデミー作品賞を受賞した製作会社プランBエンターテイメントを巻き込んだのは、Netflixがテレビ業界をなぎ倒したのと同じように、映画界への侵略を望んでいる兆候だった。

それから数年が経ち、「Netflixオリジナル映画」という響きは、少なくとも観る側にとっては耳障りなものではなくなった。『ウォー・マシーン』の契約が公になって以来、Netflixは映画事業にまっしぐらだ。自費製作作品(『I Just Don’t Feel at Home in This World Anymore』)のほか、ある程度費用のかかった買収を行い(『ビースト・オブ・ノー・ネーション』)、映画祭で上映された低予算の作品(『浮き草たち』)を手に入れている。

今年もいまのところ、Netflixは毎週のようにオリジナルの新作を追加している。ずっと昔に映画館に行かなくなった人も、古きよき映画館へまだ足を運ぶ映画ファンも、Netflixのロゴを見ないわけにはいかないことになりそうだ。

アイデンティティなきNetflix

では、そのロゴが意味するものとは何か? 80〜90年代にメジャースタジオが数多くのニッチな部門をつくり、インディーズセクターが栄えると、製作会社によって観る映画の種類は大体想像がついた。ミラマックスはだんだん大規模な外国映画(『Cinema Paradiso; Tie Me Up! Tie Me Down!』)からヤングマインド満載な作品(『クラークス』『パルプ・フィクション』)をつくるようになった。ディメンション・フィルムズは考え抜かれた低俗作品(『スクリーム』『ミミック』)を製作し、ニュー・ライン・シネマは中規模な薄っぺらい作品(『Sell It Off』『オースティン・パワーズ』)をつくった。

これらはステレオタイプに過ぎないし、どのスタジオも時代に応じてアイデンティティはシフトしている。しかしそれでもなお、それがアイデンティティであったことには違いない。

だがNetflixの美学には、ほとんど掴みどころがない。昨年、ドラマ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『お嬢さん』)を成長させることを目標にしたライバルのアマゾンとは違い、Netflixの戦略は縦横無尽なのだ。

2017年6月、巨大生物を取り巻く企業欲を描いたコメディスリラー『Okja/オクジャ』が公開される。監督は『スノーピアサー』のポン・ジュノだ。そのあとは、サンダンス映画祭で評価されたラブコメディ『The Incredible Jessica James』、Gawkerの裁判[日本語版記事]を追ったドキュメンタリー『Nobody Speaks: Trials of the Free Press』、リリー・コリンズとキアヌ・リーブスが主演する拒食症をテーマにしたドラマ『To the Bone』が続く。

ほんの数年前までは、こうした映画は大手スタジオの特別部門で扱われていた。だがこれからは、モンスーン期の洪水ごとく溢れるNetflixオリジナル作の一部となるだろう。多額の予算と魔法のアリゴリズムを駆使することで、すべての人を狙った新作の配信が可能となるのである。

『ウォー・マシーン』の公開はそうした時代の幕開けである。これまでで最大規模のNetflix映画で、製作費用は6,000万ドルと報じられている。ロサンゼルスのサンセットストリップ沿いには大々的に広告が掲示され、数々のプレミア祝賀会が開かれ、『GQ Style』では特集も組まれた。Netflixは、真剣にアカデミー賞を狙っているようだ(いまのところ、ドキュメンタリー部門以外でNetflixの作品はオスカーでは成功していない)。

『ウォー・マシーン』の原作は、マイケル・ヘイスティングスの著書『The Operators』(2012年)。アフガニスタンで駐留司令官を務めた米陸軍大将スタンリー・マクリスタルをモデルにしており、ブラッド・ピットがマクリスタルを演じる。彼の傲慢さと人間性は頻繁に互いを打ち消し合い、深刻な自己破滅を導くことになる。社会風刺、戦争のスリル、政治的反逆のコンビネーションはいつも面白いとは限らないし、脚本・監督を務めたデヴィッド・ミショッドは話の展開をナレーターに任してしまうこともある。登場人物は、何か起こる前には兵舎にずっと籠りっきりだ。

白髪で不愛想なブラッド・ピットは胸の四つ星[陸軍大将を表す勲章]に不釣り合いなときもあるが、それでも、ベン・キングズレーとキース・スタンフィールドは見事な助演を務めている。週末に『ウォー・マシーン』か『パイレーツ・オブ・カリビアン5』[日本公開は2017年7月]を観るかを迷ったときは、ブラッド・ピットとアフガニスタンに行く方をオススメする。絶対に。

適切に視聴者の欲求を満たしていくこと

もちろん、『ウォー・マシーン』がどのくらい視聴されるかはまったくわからない。Netflixは詳細な視聴者数を公表しないことで有名だ。しかし、この作品がつくられたという事実に比べれば、数字はささいなものだ。人気俳優から名監督、戦争という素材まで、『ウォー・マシーン』のすべては、NetflixがR指定の成人映画の製作に進んでいるサインだからだ。

大手スタジオは数年前に事実上、成人映画の製作を中止した。Netflixのようなメディアに視聴数を奪われたことが原因のひとつである。ウィル・スミス主演で『スーサイド・スクワッド』の監督デヴィッド・エアーが手がけた9,000万ドルのアクションファンタジー『ブライト』、マーティン・スコセッシ監督がロバート・デニーロとタッグを組んだギャングドラマ『ジ・アイリッシュマン』、エイヴァ・デュヴァーネイがメガホンを取る、リアーナとルピタ・ニョンゴが主演する最新作。今後発表されるNetflixの映画のいくつかは高額で、スターが出演するカルチャー・ジャミング的な作品だ。ワーナー・ブラザースやパラマウントが、10年前に発注していた類の映画である。またNetflixは、サンダンス映画祭で歴史ドラマ『Mudbound』を1250万ドルで買っている。サンダンスでは稀に見る大きな取引だ。

映画館の未来が少し心配になるかもしれないが、そう思うのも無理はない。今年のカンヌでは、Netflixのロゴが『Okja/オクジャ』の上映時にブーイングを受けたという。審査委員長のペドロ・アルモドバルは“銀幕の聖域“についてマニフェストを読み上げた。映画の専門家らはNetflixのみならず、従来の映画がスマートフォンの大きさに収まることに抵抗を示している。芸術を愛する心と便利さを欲する心の間で、戦いが起きているということだ。自分たちが求めるものを可能な限り迅速に与えてくれるソリューションが支持される時代においては、勝ち目のない戦いかもしれない。

Netflixにとっての課題は、会社を大きくさせていくとともに、適切に視聴者の欲求を満たしていくことである。視聴者たちは、いまだに掘り出し物の映画を望んでいるのだろうか? それとも、これから増えていくであろう、高額でスター性のある映画を望んでいるのだろうか? あるいは、Netflixはすべての視聴者を満足させるために、あらゆる作品を製作したいと思っているのだろうか? もし彼らがすべての視聴者を満足させようとしているのなら、気をつけてほしい。心理戦で勝つのが難しいことは、歴史が証明しているのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る