Uberが失墜しても残る、シリコンヴァレーの「創業者崇拝」

GettyImages-543406838-1024x681-879df816d880a3a1e2780057a9758068b6ddd06c

セクハラや人種差別など、さまざまな不祥事が報道されているUber。社内調査の結果として、同社は従業員20人を解雇し、CEOのトラヴィス・カラニックの休職も発表した。しかし、問題の根源にあるシリコンヴァレーの「創業者崇拝」は、Uberの一件をしても変わらないのかもしれない。

TEXT BY DAVEY ALBA

WIRED(US)

UberのCEO、トラヴィス・カラニック

UberのCEO、トラヴィス・カラニック。6月13日、社員に対し自身の休職を伝えた。PHOTO: GETTY IMAGES

700億ドル(約7.7兆円)近い企業価値をもつUber。しかしその現状は悲惨で、同社に対する批判は最高潮にまで達している。では、シリコンヴァレーの企業たちは今回のUber問題から教訓を得たのだろうか? 特に、創業者に絶大な権力を与えることについて、彼らは何かを学んだのだろうか?

スタートアップの創業者やVCたちは、おそらくUberの状況を見て一瞬立ち止まるだろう。しかし、シリコンヴァレーの人々は「立ち止まる」ことを好まない。

Uberの企業形態の特性上、CEOのトラヴィス・カラニックが会社を去るか去らないかを決められるのは、ほかでもないカラニック自身だ。そして、シリコンヴァレーはこうした取り決めを歓迎し、創業者には企業の未来を見通し危機を乗り越える神がかった能力があると信じ込んできた。

グーグルやフェイスブックの創業者たちは、それぞれ自身の企業の大部分をコントロールできる立場にあり、それぞれ輝かしい成功を収めている。しかしUber問題は、創業者の価値をささえる前提に疑問を投げかけたはずだ。向こう見ずな創業者を支配的立場において企業を築く手法がすべて、というわけではないのかもしれない。

「少なくとも当面は、創業者たちは人前での振る舞い方に注意を払うでしょう」。そう話すのは、ニューヨーク大学スターン経営大学院教授のアスワス・ダモダランだ。「とはいえ、創業者たちの傲慢さは沁みついています。Uberのような問題が再発するだけでなく、それに対してもっと大きな処罰が下されない限り、実際の変化は起こらないでしょう」

「ファウンダー・ファースト」

Uberの取締役会は、ほかの多くのテック企業同様「ファウンダー・ファースト」(創業者第一)の構造をしており、カラニックとその少数の支持者がUberのいわゆる議決権株式の大半を所有している。つまり、カラニックは「自分のしたくないことは何もしなくていい」のだ。

業界では、創業者がもつこうしたブランド力がよく見られる。フェイスブックやツイッター、グーグル、最近のスナップ(『Snapchat』の運営会社)がいい例だ。

しかし、創業者がこうしたブランド力をもつ必要は、必ずしもない。創業者は何よりも企業の成長を優先するが、それは純粋に生き残りたいという幾分正当な事情のためだ。しかし、取締役会がより安定していれば、より安定した優先順位を立てられる。「こうした企業は、起業してVCから資金を得ても、その資金を企業文化の構築にあてることはありません。企業文化は重要視されないのです」と、経営コンサルティング企業A.T.カーニーの社長、ミカ・アルパーンは言う。

さほど創業者中心でない取締役会をもつ企業であれば、健全な文化を形成するためによりよい決定を下せるかもしれない。アルパーンは、企業が成長しながらも健全な企業文化を構築できるよう、VCが投資先企業と協力する専門家を抱えるシステムを挙げた。「企業が3、4人で構成されている場合、このシステムは効果がないかもしれません。しかし、企業の従業人が50、60あるいは数百人に達したとき、VCは企業にこのシステムを取り入れさせられるでしょう」

問題の発端はUberの興りにある?

あとになって見れば、Uberの問題の根源を理解するのは簡単だ。

創業者に大きな権力を集中させるようUberを構築したことは、同社の興りをみれば理に適っていると、コロンビア・ビジネススクール教授のエヴァン・ローリーは言う。「VCが資金を持て余し、投資機会を伺っているとき、彼らは創業者に大きな支配力を進んで与えようとするのです」とローリーは話す。つまり、VCが豊富な資金をもっていたときにUberがたまたま人気の投資先だったというだけのことだ。そのため、カラニックの権力を削ぐことなく、Uberは大量の資金を集められたのである。投資家はただ利益が欲しかっただけなのだ。

しかしこれによって投資家は、「大方の合理的手段は悪い賭けである」ということを認めたのだ。ニューヨーク大学教授のアルン・スンドララジャンはこう話す。「創業者に権力を集中させるのが株主にとってよくないということは、どんなビジネススクールでも教わる内容です。十分に権力をもった、独立した取締役会をもつことが必要なのです」と話している。

しかしスンドララジャンは、従来の知識が常にUberのような特定の並外れた企業に当てはまるわけではないとも言う。創業者は、自分が企業を支配する期間が長ければ長いほど企業にとってはよいと考えがちだ。そして、時にその考えは正しい。「経営の性質や創業者の人格によるのです」とサンダララジャンは言う。Uberに関して言えば、この「人格」が同社の劇的な成長と危機の大きな要因になっているようだ。

たとえ今回の一件が、創業者や投資家たちを権力分散型組織に向かわせなかったとしても、別の変化が起こる可能性はある。少なくとも、取締役会や経営幹部は、設立間もない企業を内部から確実に発展させるためには、しっかりした人事部が必要であると気づくだろう。「Uberの一件は、成長を何よりも優先する企業において、創業者の人格がいかに企業に長期的な影響を及ぼすのかをよく説明しています」とサンダララジャンは言う。

しかし習慣が変化しても、シリコンヴァレーに根付いたおそらく変化しないだろうと業界の専門家は考えている。NYUのダモダランは「創業者崇拝がシリコンヴァレーにあまりに深く根付いているため、創業者の見方はまったく変わらないのではないだろうと思っています」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
ページ上部へ戻る