幽霊100人が主人公の小説からカルト教祖の伝記まで──この夏に読みたい洋書9冊を『WIRED』US版が選んだ

1-1-d80d5ddf409456b93245f3fc28822b63cb540234

IT業界を舞台のコメディードラマに没頭するもよし。100人以上の死人が主人公の小説を読みふけるもよし。カルト教団の指導者の人生を追うもよし。『WIRED』US版が選んだおすすめの9冊とともに“読書の夏”を楽しんでほしい。

TEXT BY WIRED STAFF

WIRED(US)

books

IMAGE COURTESY OF PENGUIN RANDOM HOUSE, ONEWORLD, HACHETTE

今年もハイキングやプールにうってつけの季節がやってきた。だが、「本の虫」と呼ばれる人々にとって夏は読書の季節である。

とはいえ、あまりにも多くの新刊があるため、どれから読み始めるのかを決めるのは難しい。そこで、『WIRED』US版では2017年おすすめの本を9冊選んでみた。週末のお出かけには、良書を1冊もっていくことをお忘れなく。

Exit West』モーシン・ハミッド

移民や難民であふれる名もなき街で暮らすサイードとナディア。ふたりは出会ってデートし始めるが、やがて彼らの街が崩壊し始める。テロが発生し、政府は電話回線を遮断。人々はドローンの監視下に置かれる。街では暴動が起こり、ふたりは脱出を余儀なくされる──。かつて実在した奴隷制廃止論者たちの秘密結社「地下鉄道」を地下を走る幻想的な鉄道に置き換えて描いた、コルソン・ホワイトヘッド著『The Underground Railroad』と同様に、『Exit West』は難民危機の現実を、別世界を通じて描き出した。アメリカ人の政治的な話題として真っ先に難民問題が上がるこの時代に、モーシン・ハミッドの新作小説は大きな意味をもっている。
──レキシー・パンデル

Borne』ジェフ・ヴァンダミア

変身するバイオテクノロジーの産物、空飛ぶ巨大熊、遺伝子操作され野生化した子どもたち。ジェフ・ヴァンダミアの最新小説[日本語版記事]は、未来的であり奇抜だ。主人公は、現代文明が滅んだあとの街でゴミをあさって生きているレイチェル。彼女は図らずも、バイオテクノロジーによってつくられた生物を育てることになる。「ボーン」と名付けられたこの生物は、最初は植物の姿をしているが、やがて目がいくつもあるランプや、羽の生えたタコへと成長してゆく。「ボーン」ははじめ書物を読むことで学習していたが、そのうち人間をまるごと吸収することで知識を得るようになり、街に生き残った住人たちの脆弱な生態系を破壊する脅威となる。実に愉快な小説であり、著者のユーモアが細かいところにも現れている。ヴァンダミアの3部作「サザーン・リーチ」ファンの期待を裏切らない出来だ。
──チャーリー・ロック

The Road to Jonestown: Jim Jones and Peoples Temple』ジェフ・ガイン

カルト指導者チャールズ・マンソンの人生を描いたジェフ・ガインの前作『Manson: The Life and Times of Charles Manson』は、2013年のベストセラーとなった。この作品は、徹底的な取材のもと生き生きとした文体で書かれた伝記で、最後の1ページまで引き込まれてしまう。すでに結末を知っていたとしても、やはり夢中になって読んでしまうだろう。『Road to Jonestown』もまったく同じ満足感を得られる作品だ。題材となったカルト教団「人民寺院」の教祖ジム・ジョーンズが1978年に自殺したときには、彼の信者900人以上が集団で後追い自殺をした。そして本作は、そのジョーンズがいかにして地位の低い牧師から、社会正義のチャンピオン、太鼓腹で薬漬けの狂人となっていったのかを克明に描き出している。これはまた、彼のミニ帝国がつくられた経緯を描いた物語でもあり、さまざまなヒエラルキー、陳腐な詐欺、そしてジョーンズが信者をつなぎとめておくために建てたビザンチン様式の拠点施設についても詳細に描かれている。ジョーンズタウンの恐ろしい点は、人々がある種の自信家に影響を受けやすく、集団の論理に流されてしまう性質を現実化させたことである。それは何十年経ったいまでも同じであり、ジョーンズの“悪名”を知らしめた理由でもある。
──ブライアン・ラフテリー

Void Star』ザッカリー・メイスン

『Void Star』でザッカリー・メイスンが描く近未来では、AIが人々の交流手段だけでなく、脳にまで埋め込まれている。メイソンの描くAIは、記号のようなデータの波形で思考し、その考えを理解できるのは、頭にAIを埋め込まれた人々だけだ。これはそんな謎めいたAIに追われる3人の物語だ。思わず頭をかいてしまうような筋の物語だが、サンフランシスコを舞台とした様々な場面では、圧倒的なテクノロジーが描かれている。ドローンカーのなかで着替える通勤者、IT企業で出世するために自閉症を装う野心的な若者たち。薄気味悪さを味わうにはぴったりだ。
──チャーリー・ロック

Startup』ドレー・シャフライア

せめて夏の旅行の間は、オフィスが舞台のドラマから逃れたいことだろう。ぜひそうしよう。でも、もしシリコンヴァレーのどんちゃん騒ぎに身を置いてみたいのなら、『Startup』を読むのがいいだろう。ドレー・シャフライアのデヴュー作となるこの小説は、ニューヨークのシリコンアレーを舞台にしたいくつものストーリーを追いかける。有名スタートアップのCEO、マック・マカリスターは、オフィスでの不倫がバレて会社を追い出されてしまう。オフィスでの不倫をばらしたイサベル・テイラーは、いまでは上司からハラスメントを受けている。カチャ・パスターナックは愛煙家でITサイトのレポーターだ。ダン・ブルームはカチャの上司で、その妻サブリナ・チェ・ブルームは、右も左もわからないIT業界になんとか付いていこうともがいている──。著者のシャフライアはBuzzFeedのシニアテックライターだ。彼女はこれが実話ではないと明言しているが、この話は彼女がIT業界で目にし、取材してきたことを描いた物語であることは間違いない。『Startup』は、シェークスピアが秘密、セックス、誤解、女嫌い、お金について描き出した戯曲「間違いの喜劇」のような、間違いだらけのコメディードラマだ。そして、多くの業界パロディとは違い、この小説の大部分は女性の登場人物に焦点が当てられている。ビーチでこの本を開いてみよう。職場に戻るころには、少し賢くなっているかもしれない。
──レキシー・パンデル

Seven Surrenders』エイダ・パーマー

地球上のどこへでも瞬時に連れて行ってくれる空飛ぶクルマのネットワーク、17世紀フランスの衣装で展開されるいやらしいシーンの数々、そして黒い陰謀。小さな青い犬や、おもちゃを生き物に変える不思議な子どもや、サイコパス的な残虐ポルノ。さらには、近親相姦、ミステリアスな親子関係、父殺し、そしてあらゆる果物を育てるクールな木まで。エイダ・パーマーの三部作『Terra Ignota』シリーズの第2作『Seven Surrenders』のもつ想像力に富んだ性的な未来志向のすべてが、このSFを楽しいものにしている。あなたのパンツと胃はこの小説を気にいるだろう。脳みそもだ。数多くの本のなかからあえてこの一冊を読む理由はあるだろうか? 女の武器を巧みに使うことは、思慮分別のあるソフトパワーの使い方だろうか? あるいは、家父長制度社会への屈服なのだろうか? 神、宗教、啓示、そして信仰の破壊的な力を乗り越えることを望む社会信条の本質とはなんだろう? そもそも、単に平和な社会というのは望ましいものなのだろうか? それとも、そんな平和な未来は、人類を空飛ぶクルマの未来へと送り出す気力と野心を最終的に打ち砕こうとしているのだろうか? 答えは、この本を読んだら決まるだろう。
──サラ・ファロン

Lincoln in the Bardo』ジョージ・サンダース

結局のところ、夫婦喧嘩と隣人とのいざこざは、生きている限りなくならない。少なくとも、ジョージ・サンダースの『Lincoln in the Bardo』のなかでは。墓場を舞台とするこの本で語られるのは、この世に未練を残す100人以上の幽霊の話だ。本の題名にある「リンカーン」は、11歳で死んでから墓地に住んでいる、エイブラハム・リンカーンの息子ウィリー・リンカーンのことである。だがこの本の美しさは、問題を抱えたまま死んだ一般市民の幽霊たちにある。物語に登場するのは、誰が暖炉の火格子を開けっ放しにしたのか言い争うカップル、かつてない最高の夜を過ごしたいと願っている3人の若い独身男性、結婚が実現する直前に死んでしまった根暗男など。サンダースの比類なき才能が、口癖や心配事を使ってキャラクターをつくりあげ、この本を最高なものに仕上げている。彼は、すぐに忘れ去られてしまった歴史上重要でない一般人たちの墓場全体を、奇抜で切羽詰まった個人の集まりとして描き出した。もしあなたが週末のドライヴのおともを探しているのなら、オーディオブックを試してみてはどうだろうか。ニック・オファーマンやメーガン・ムラーリーから、サンダースの母親や高校時代の地質学教師まで、166人もの声で本が録音されている。
──チャーリー・ロック

Fever Dream』サマンタ・シュウェブリン

『Fever Dream』は、まるで飲み物をごくごく飲むように一気に読みきることだできる良書だ。サマンタ・シュウェブリンのこの短編小説は、病気で入院中の女性と彼女のベッドの隣にいる男の子との会話で構成されている。物語はまずボディホラー(編註:登場人物の体もしくは体の一部分が変化するホラー)として始まり、やがて生態学的な災害の話へおよんでいく。200ページにも満たない本だが、母子関係の悩みや病気への不安、遺伝子操作された農作物の生物学的な影響にまで探求している。
──レキシー・パンデル

Dear Cyborgs』ユージン・リム

哲学的な心をもったスーパーヒーローたちの仲良しグループの物語を探してる? それとも、2人の若いはみ出し者が、マンガをきっかけにオハイオ郊外にやって来る物語? きみはラッキーだ。『Dear Cyborgs』なら、どちらの話も読むことができる。小説はこの2つの筋書きの間を行ったり来たりするが、その合間に短いメモが入る。『Dear Cyborgs』(サイボーグたちへ)という名前から想像がつくようにこのメモは、サイボーグに宛てられたものだ。順次展開される「チーム・カオス」のスーパーヒーローたちの短い場面や、中西部の思春期前の子どもたちにはイライラさせられるが、この無愛想な文章と、奇妙だが明瞭な描写の薄い本に、あなたも引きつけられることだろう。最終章で2つの物語が結び付き、期待を裏切らない。
──チャーリー・ロック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る